アップルニュース

Appleは2013年頃にテスラを買収するために1株あたり約240ドルの「深刻な入札」を行ったと言われています

2019年5月21日火曜日午前10時15分PDTby Joe Rossignol

Appleが ある程度の能力で電気自動車市場で競争する 、他の自動車メーカーに基礎となる技術を提供することから、完全に自家用車を開発することまで、そして新しい情報は、Appleがその努力を後押しするために大規模な買収を狙っ​​ていたかもしれないことを示唆している。

テスラアップルのロゴ
つまり、Appleは2013年頃にテスラに「真剣な入札」を行い、1株あたり約240ドルを提供したと言われています。これは、投資会社Roth CapitalPartnersのシニアアナリストであるCraigIrwinによると、この情報には「完全な自信」があると述べたが、入札が「正式な事務処理段階」に達したかどうかはわからない。

iMessageでグループチャットを終了する方法

「2013年頃、Appleから1株あたり約240ドルの深刻な入札があった」とロス氏は語った。 CNBC ビデオ によって強調表示 AppleInsider 。 「これは、私たちが複数のチェックを行ったものです。私はこれが正確であると完全に確信しています。


「それが正式な事務処理段階に到達したかどうかはわかりませんが、これが非常に信頼できることを複数の異なる情報源から知っています」と彼は付け加えました。 「それで、今、アップルはカリフォルニアに複数の非常に大きなドライルームを建設しています…彼らはバッテリーの面で面白くてエキサイティングなことをしています…プロジェクトタイタンは絶対に死んでいません。」

テスラの発行済み株式数は1億1450万株でした 2013年1月31日現在 、そしてその数は年間を通じて増加したので、Appleの入札はその時点で少なくとも274億ドルに達したであろう。現在、電気自動車メーカーの株は、数年前に報告されたAppleの入札額をはるかに下回る203ドル前後で取引されています。

カリフォルニアとネバダの組立工場を含むテスラの技術と設備は、確かにアップルのいわゆる「プロジェクトタイタン」自動車の野心を大いに助けたであろうが、アップルの計画の範囲はまだ不明である。

iwatchのシアターモードとは

最近の報告によると、Appleは現在のシステムよりも「小さく、安価で、大量生産が容易」なLiDARユニットを求めています。これは、10万ドル以上の費用がかかり、大量生産された車両で使用するには「かさばりすぎて故障しやすい」と考えられています。 Appleは、「革新的なデザイン」を求めて「高い基準を設定している」と言われています。

昨年、AppleはMacハードウェアエンジニアリングの元VPであるDoug Fieldを再雇用し、Teslaのエンジニアリングチーフとして5年間勤務した後、ProjectTitanに取り組みました。裁判所の文書によると、Appleには約1,200人の従業員のチームがプロジェクトに取り組んでいますが、最近のリストラ 190人のレイオフにつながった

Appleは、2017年の初めから、カリフォルニア州クパチーノの路上でLexus SUVを使用して自動運転ソフトウェアを開発およびテストしてきました。いわゆる、いわゆる自動運転が見られるかどうかはまだ不明です。 アップルカー 、しかしアナリストのMing-Chi Kuoは、どちらの方法でもリリースは2023年から2025年までではないと考えています。