アップルニュース

OS X ElCapitanでスプリットビューを使用する方法

OS X El Capitanの最近のリリースにより、Macユーザーは分割画面ビューでフルスクリーンアプリを利用できるようになりました。つまり、互換性のあるアプリはズームして画面の半分全体を占めるようになり、2つ目のアプリでも同じことができるため、2つのアプリをフルスクリーンモードで並べて表示できます。

分割ビューの基本は単純ですが、この機能を最も生産的に使用するために理解しておく必要のあるいくつかの側面があります。

画面メインを分割する方法
分割ビューを有効にするには、互換性のあるアプリのウィンドウの左上隅にある緑色の展開ボタンをクリックして押し続けます。

画面001を分割する方法
ボタンを押している間、画面の片側が青色でシェーディングされます。ボタンを離すと、アプリは画面の半分に合うように自動的にフォーマットされます。

同時に、開いている互換性のあるアプリはすべて、画面の反対側に自動的にシフトします。互換性のないアプリは、画面の右下隅に縮小されます。それらにアクセスしようとすると、アプリが分割表示モードで利用できないという通知が表示されます。

どのアプリが分割画面と互換性があり、どのアプリが互換性がないかをどのように判断できますか?

画面の緑色のボタンを分割する方法
すべてのアプリウィンドウの左上隅にある緑色のボタンがインジケーターです。アプリに互換性がある場合は、ボタンにカーソルを合わせると2つの反対側の矢印が表示されます。そうでない場合は、代わりに使い慣れたプラス(+)記号が表示されます。

分割ビューが機能しない場合は、システム環境設定で有効にする必要があります。画面の左上隅にあるAppleアイコンをクリックして、[システム環境設定]を選択します。 Mission Controlをクリックし、「ディスプレイには個別のスペースがあります」を選択します。変更を更新するには、コンピューターを再起動する必要がある場合があります。

画面ミッションコントロールを分割する方法1
MissionControlを使用して分割ビューを有効にすることもできます。 1つのアプリがフルスクリーンになっているときに、MacBookまたはAppleキーボードでF3キーを押すか、ジェスチャーが有効になっているトラックパッドで4本の指で上にスワイプして、MissionControlをアクティブにします。開いているすべてのアプリが画面に表示されたら、分割ビューに追加するアプリを選択し、画面上部の以前は全画面表示だったアプリの横にあるマルチタスクトレイにドラッグします。 Mission Controlは、同じ方法で1つのアプリを別のアプリに置き換えるためにも機能します。

キーボードのコマンド+タブを押すと、マウスを使用せずに1つのアプリから別のアプリにフォーカスを切り替えることができます。

分割表示は、両方のアプリが画面の50%を占める必要があるという意味ではありません。ウィンドウ間の垂直線を左または右にドラッグして、幅を調整できます。アプリを交換することもできます。画面の左側でSafariを開いた状態でページで作業する場合は、一方のアプリをもう一方の側にドラッグするだけで、2つが自動的に切り替わります。

分割表示モードで各アプリのメニューバーを見つけるには、側面を選択してから、画面の上部にポインターを置きます。メニューバーがドロップダウンします。

画面1を分割する方法
分割画面モードを終了する準備ができたら、緑色のボタンをもう一度クリックすると、閉じたアプリが以前のサイズに縮小され、残りのアプリが全画面表示になります。 ESCキーを押すこともできます。

El Capitanのスプリットビューモードを使用すると、Macの画面スペースをより有効に活用しながら、生産性が向上することがわかります。