アップルニュース

Appleが「アグレッシブ」2022年の期限を設定してカスタム5GモデムをiPhoneに導入

2019年10月11日金曜日5:02 am PDT by Tim Hardwick

伝えられるところによると、Appleは将来のiPhoneやiPadで使用されるシステムオンチップ(SoC)設計の一部として、社内5Gモデムを開発するための積極的な2022期限を設定しました。

iphone11および11pro
によると ファストカンパニー 、Appleは、同じ年に新しいiPhoneにモデムを含めることができるようにするために、新しい期限までに必要なすべての開発、テスト、および認証を完了する予定です。

しかし、チップの設計と製造が完了した後に必要な厳しいテストと認証プロセスを考えると、Appleの計画を知っていると言われているレポートの情報源によると、モデムの2年の期限は「本当にそれを押し進めています」。

主な障害は、モデムが他の通信事業者のワイヤレスネットワークと競合しないことを確認するために必要なネットワーク最適化テストであると言われています。さらに、FCC要件を満たすモデムの機能は言うまでもなく、グローバル標準への準拠を確認するためのテストが必要です。

それらのハードルを考えると、 ファストカンパニー の情報筋は、2023年がAppleのSoCモデムのより現実的な完成日である可能性があると信じています。

アップル 取得することに同意しました 独自の5Gモデムの開発を加速することを目的とした、6月のIntelのスマートフォンモデム事業の大部分。以前の情報源は、 iPhone メーカーは、2021年までに自社のチップを一部の製品で使用できるようにしたいと考えていますが、以前の情報源は、 2022年 および2025。

タイムラインが何であれ、Appleがそれに固執できるかどうかに関係なく、同社のカスタム5Gモデムへの移行は、ローエンドおよび古いモデルのデバイスから段階的に行われる可能性があります。 AppleはQualcommと複数年のチップセット供給契約を結んでおり、6年の特許ライセンス契約を結んでいるため、プロセスを急ぐ必要はありません。

それまでの間、Appleは2020年に最初の5G対応iPhoneにQualcommのチップを使用する予定です。