アップルニュース

Appleが「ScaletoFit」設定を明らかにし、Macアプリのメニューバーアイテムがノッチの下に隠れないようにする

2021年10月27日水曜日午後10時15分PDTby Joe Rossignol

今日のアップル 新しいサポートドキュメントを共有しました これは、新しい14インチおよび16インチのMacBook Proモデルで、ユーザーがアプリのメニューバーアイテムがノッチの後ろに隠れて表示されないようにする方法、つまりAppleが呼んでいる「カメラハウジング」を確認する方法を説明しています。

ノッチ設定macosに合わせてスケール
サポートドキュメントで、Appleは、ユーザーがアプリの「内蔵カメラの下に収まるようにスケール」をオンにして、ディスプレイのアクティブ領域を調整し、アプリのメニューバーアイテムがノッチの下に表示され、常に表示されるようにすることができると述べています。

ノッチの後ろに隠れて表示されるメニューバーアイテムは クインネルソンによって示される 、YouTubeチャンネルSnazzyLabsのホスト。

新しいMacBookProモデルのアプリで「内蔵カメラの下に収まるように拡大縮小」をオンにするには、Finderアプリを開き、サイドバーの「アプリケーション」をクリックします。次に、目的のアプリを右クリックして、[情報を見る]を選択します。開いた情報ウィンドウで、[内蔵カメラの下に収まるようにスケール]チェックボックスをオフにすると、アプリを開いたときにディスプレイが自動的に調整されます。

この設定は、Sketchのデザイン支持者であるJoseph AngeloTodaroによるツイートで示されました。


Appleは、開発者がノッチでより良く機能するようにアプリを更新できると述べています。その場合、「内蔵カメラの下に収まるようにスケール」設定は表示されなくなります。

フォトウィジェットアプリの使い方
関連するまとめ: 14&16フィートMacBook Pro バイヤーズガイド: 14 'および16'MacBook Pro(今すぐ購入) 関連フォーラム: MacBook Pro