アップルニュース

2020トヨタスープラはワイヤレスCarPlayを備えています

今日のトヨタ 発表 今週の毎年恒例のデトロイトモーターショーで紹介されたそのまったく新しい2020スープラスポーツカーは、ワイヤレスCarPlayを搭載する予定です。



AirPodsを1つ購入できますか

2020トヨタスープラ 2020トヨタスープラ
アップグレードされた3.0プレミアムトリムは、米国で53,990ドルから始まり、ワイヤレスCarPlay、プレミアム12スピーカーJBLオーディオシステム、およびQiベースのワイヤレススマートフォン充電を備えた8.8インチワイドフォーマットタッチスクリーンディスプレイを備えています。現時点では、システムに関する詳細は共有されていません。

ワイヤレスCarPlayを使用すると、ドライバーは、Lightning-USBケーブルを介してiPhoneをシステムに接続しなくても、Appleの車載ソフトウェアプラットフォームを使用できます。トヨタは BMWに参加する 工場でインストールされた機能としてワイヤレスCarPlayを提供することで、メルセデスベンツはその機能を提供する計画も示しています。





これは、20年以上にわたって米国で販売された最初の新しいスープラになります。 2019年上半期にトヨタ販売店で販売する。

また、デトロイトモーターショーで、起亜自動車は まったく新しい2020テルライド中型SUV 利用可能な10.25インチのタッチスクリーンで有線CarPlay互換性を備えています。フィアットクライスラーオートモービルズはまた、CarPlay車両のラインナップを 新しい2019ラムヘビーデューティー 、12インチの再構成可能なタッチスクリーンを搭載。

キアテルライド 2020年起亜テルライド
起亜自動車とフィアットクライスラーオートモービルズは価格を明らかにしなかったし、2019年に新しいテルライドとラムヘビーデューティーが利用可能になる正確な時期も明らかにしなかった。

関連するまとめ: CarPlay タグ:トヨタ、FCA、起亜関連フォーラム: HomePod、HomeKit、CarPlay、Home&Auto Technology