アップルニュース

YouTubeウェブサイトのピクチャーインピクチャーはiOS14.5ベータ版で再び機能します

2021年2月10日水曜日午前3時27分PSTby Tim Hardwick

YouTubeのウェブサイトは最新のiOS14.5ベータ版で再びピクチャーインピクチャー(PiP)をサポートしているようです iPhone 、それがどれだけ長く機能し続けるかは誰の推測でもありますが。



YouTubeピクチャーインピクチャー
テストでは、Safariだけでなく、ChromeやFirefoxなどのサードパーティのブラウザでも、ビデオを展開してフルスクリーンで再生し、インターフェイスの左上にある小さなピクチャーインピクチャーアイコンをタップすることで機能することが示されています。

次に、ブラウザを最小化して他のアプリを使用しながら、音声を聞きたいだけの場合は、画面上を移動したり、見えなくなったりする可能性のあるフレームでビデオを視聴し続けることができます。





アップル iPhoneにPiPサポートを追加 iOS 14のリリースにより、ユーザーはYouTubeのWebサイトだけでなく、他の多くのWebサイトでも小型化された形式でビデオを視聴できるようになりました。

9月にiOS14がリリースされた後、YouTubeはすぐに なし ユーザーがYouTubePremiumサブスクリプションでログインしていない限り、ウェブサイトでPiPモードで動画を視聴する機能。しかし、10月上旬にYouTubeは不思議なことに 復元 そのウェブサイト上のビデオのPiPサポート。

そして、ほんの数日後、サポートは再び消えました。


最新のiOS14.5ベータ版でYouTubeWebサイトのPiPサポートが復活した原因は明らかではありませんが、Appleのシステムレベルのコードの変更により、YouTubeがWebサイトに実装した機能が機能しなくなる方法が壊れた可能性があります。

その場合、YouTubeが再びサポートを無効にするために動くと信じる十分な理由があります。

YouTubeのネイティブアプリは、iOS 14がしばらくの間この機能を提供していたとしても、どのユーザーに対してもPiPをサポートしたことはありません。があった レポート YouTubeはこの機能をテストしていますが、発表はありません。

タグ:YouTube、 ピクチャーインピクチャー