アップルニュース

ベライゾンが顧客に5月の15GBの追加ホットスポットデータを提供

ベライゾン 本日発表 自宅で仕事をしている顧客を引き続きサポートするために、5月にすべての消費者および中小企業の計画に追加の15GBのLTEデータを提供することを計画していること。



verizonlogo
15GBのデータは、消費者および中小企業の共有データプラン、ホットスポット、ジェットパックに自動的に追加され、5月1日から5月31日まで使用できます。

Verizonは、この困難な時期に学習、作業、または接続を維持するために追加のデータが必要になる可能性があるお客様を引き続きサポートします。そのため、本日、5月1日から5月31日まで使用される消費者および中小企業*の共有データプラン、ホットスポット、ジェットパックに15GBの4GLTEデータを自動的に追加することを発表しました。このデータは自動的に追加されるため、アクションは不要です。消費者および中小企業のアカウントに追加されます。





4月のVerizonは、使用する追加の15 GBのデータを顧客に提供し、追加のデータは、すべての後払いの従量制の顧客、前払いの顧客、およびJetpackの所有者が利用できます。無制限のデータプランをお持ちのお客様は、追加のデータをホットスポットデータとして使用できますが、データの上限はそのままです。

進行中の健康危機の間、ベライゾンは超過料金を免除し、現時点で支払うことができない顧客へのサービスを終了しないことを約束しました。

他の無線通信事業者も、顧客に追加のメリットを提供しています。 T-Mobileはスマートフォンのデータ上限を60日間完全に廃止しましたが、AT&Tは追加のホットスポットデータを提供しました。