アップルニュース

最新のmacOSモントレーベータ版で明らかになる可能性が高い今後の14インチおよび16インチMacBookProのディスプレイ解像度

2021年9月23日木曜日午後5時35分PDTby Eric Slivka

NS macOSモントレーの7番目のベータ版 今週初めにリリースされた、システム情報アプリのディスプレイ解像度のリストに新しいエントリのペアが含まれており、今後の「M1X」14インチおよび16インチMacBookProモデルの解像度が明らかになる可能性があります。

M1XMBP機能
によって発見されたように 永遠の 寄稿者 スティーブモーザー 、2つの新しいディスプレイ解像度は「3456x 2234Retina」および「3024x1964 Retina」としてリストされており、現在または以前のApple製品の組み込みディスプレイの解像度に対応していません。解像度自体とそれらの相互関係に基づくと、これらの新しい解像度は次のMacBookPro用である可能性があります。

現在の16インチMacBookProのネイティブディスプレイ解像度は3072x 1920ですが、現在の13インチMacBookProのネイティブ解像度は2560x 1600であり、両方のマシンのピクセル密度は226〜227ピクセル/インチです。

iPhoneでアンインストールされたアプリを表示する方法

これらの新しい解像度が今後のMacBookProモデルに実際に当てはまる場合、ピクセル密度が1インチあたり約250ピクセルに増加します。これにより、これらの新しいマシンのデフォルト設定として、可能な限り鮮明な画像を実現するネイティブ2xRetinaが可能になります。

macbook pro2021の解像度
ユーザーはいくつかのディスプレイ解像度オプションから選択できますが、現在のMacBook Proモデルは、ネイティブディスプレイ解像度と2xRetinaディスプレイの間にあるスケーリングされたデフォルト解像度を備えています。

たとえば、ネイティブ解像度が3072 x1920の現在の16インチMacBookProは、真の2xRetina品質の1536x 960ディスプレイに対応しますが、16インチの対角線を持つこのようなディスプレイのコンテンツは、ほとんどのユーザーにとって不快なほど大きく見えます。そのため、Appleは、1792 x1120のように見えるデフォルトのスケーリングされた解像度でマシンを出荷します。

これらの今後のMacBookProモデルでは明らかにピクセル密度が高くなるため、真の2x Retina設定はほとんどのユーザーにとって最適な場所になり、16インチモデルでは1728 x1117の「見た目」の解像度と14-見かけの1512x982で入ってくるインチモデル。

Appleは、年末までに再設計されたMacBookProモデルを発表すると噂されています。 10月または11月の別のメディアイベント

関連するまとめ: 14&16フィートMacBook Pro