アップルニュース

AT&Tのオプションの「ストリームセーバー」機能は、2017年からストリーミングビデオを抑制します

2016年11月11日金曜日午前10時39分PSTby Juli Clover

今日のAT&T 発表 新しい「ストリームセーバー」機能は、「無料で便利な」データ保存オプションであり、顧客はビデオ品質を下げることでより多くのビデオを視聴できます。

Stream Saverは、T-MobileのBinge Onオプションを模倣し、ビデオを「約480p」、つまり高解像度ではなく標準解像度で自動的にストリーミングします。

page_att
AT&TはStream Saverをオプション機能にしており、顧客はmyAT&TまたはPremier forBusinessの顧客を使用して自由にオンとオフを切り替えることができます。 AT&Tによると、ストリームセーバーはAT&Tの顧客に無料でいつでもオフに切り替えることができます。ほとんどのストリーミングビデオで利用できますが、AT&Tによると、一部のコンテンツ所有者がビデオストリームを配信する方法が原因で、StreamSaverはすべてのビデオを検出して最適化することはできません。

特定のコンテンツパートナーに限定されないオプション機能として、Stream Saverは、T-MobileのBinge On機能がYouTube、Amazon Videoを含む数十のオーディオおよびビデオパートナーになる原因となった、ネット中立性についての同じ質問を提起していないようです。 、Netflix、Sling TV、VUDU、HBO NOW、Showtime、Huluなど。

AT&Tは、2017年の初めからStreamSaverを顧客が利用できるようにする予定です。