アップルニュース

ティム・クックがタイのバンコクを訪れ、写真家、学生、WWDC奨学金の受賞者と会う

2019年12月13日金曜日4:12 am PST by Tim Hardwick

ティム・クック 彼のアジアツアーを続けた 今週はタイのバンコクへの旅行で。 Apple CEOは、彼のTwitterアカウントでその旅を記録しています。

ティムクックバンコク
クックは、チャオプラヤー川のトンブリー西岸にあるワットアルン仏教寺院を訪れて物事を開始しました。


クックはツイートの中で、タイの写真家JirasakPanpiansinに「あなたのレンズを通して」歴史的な17世紀の寺院を見せてくれたことに感謝しました。ジラサックの iPhone 写真は以前、Appleの毎年恒例のワールドギャラリーでハイライトされています。

夜明けの神殿を訪れた後、クックはサティットチュラの学校に行き、AppleのEveryone Can Createカリキュラムを使用して生徒に会いました。このカリキュラムでは、教師がiOSデバイス駆動の描画、音楽、映画製作、写真をさまざまな科目の授業計画に統合できます。 。


その後、クックはタイの女性の金メダルを獲得した全国バレーボールチームと会い、彼らがどのように使用しているかを目撃しました iPad とAppleWatchのトレーニング中。

また、今日、料理人は2人のWWDC奨学金受賞者と時間を過ごし、その後、‌ iPad‌で複雑なタイの手書きを生き生きとさせる「研究グラマー」ピーナッツバターに会いました。

彼のアジア旅行中に、クックは立ち寄りました 東京、日本、シンガポール 地元の従業員、開発者、医療専門家と会うために、 飛行機のパイロット 、 その他。クックがアジアでのツアーを続ける間、この投稿は最新の状態に保たれます。

タグ:ティムクック、タイ