アップルニュース

ティム・クック:日本のサプライヤーSeiko Advanceが、iPhone 11Proがミッドナイトグリーンで利用できる理由です

2019年12月30日月曜日午前10:05PST by Juli Clover

アップルのCEO、ティム・クックが12月に日本を訪れた セイコアドバンスを訪問 、国内のAppleのサプライヤーの1つであり、 日経 本日公開された彼は、セイコアドバンスが理由であると説明しました iPhone 11 ProとProMaxはミッドナイトグリーンでご利用いただけます。

Seiko Advanceは、次のようなデバイス用のインクを作成する会社です。 iPhone 。クックはセイコアドバンスを訪れたときにミッドナイトグリーン染料の大桶を見せられ、「それは高品質の管理と職人技によってのみ作られた」と述べました。

timcookseikoadvance
グリーンインクの作成には、通常、ハロゲンなどの汚染物質を使用する必要がありますが、セイコーアドバンスのセールスマネージャーである加部幸典氏によると、同社は、高い色精度と耐久性を備えたよりクリーンなグリーンの作成方法を開発することができました。セイコーアドバンスはまた、工場内にクリーンルームを備えた唯一のインク生産者であり、温度と湿度を制御して一貫した品質を実現しています。

Seiko Advanceのグリーンインクの環境への配慮は、AppleのCEOである‌ Tim Cook‌にアピールし、Appleが2019年の‌ iPhone‌に色を追加するように導きました。並ぶ。 Seiko Advanceは、‌ iPhone 11‌に使用されるゴールド、シルバー、スペースグレイインクの唯一のサプライヤーでもあります。プロとプロマックス。

複数の明るい色で提供される低価格の‌ iPhone 11‌の場合、Appleは複数のサプライヤを使用しています。

セイコアドバンスについての彼のツイートでクックは、同社が‌ iPhone11‌の色をもたらすと述べた「彼らの職人技と細部へのこだわり」のおかげで、人生のプロになります。 Appleは、‌ iPhone‌のSeikoAdvanceと協力してきました。クックがさまざまなインクメーカーをアップルに招待して製品を説明した2011年以来のインク。

加部はクパチーノにあるアップルのキャンパスを訪れ、クックに初めて会ったが、最初はセイコアドバンスがアップルの高品質基準を満たせなかったことに気付いた。 4年後、試行錯誤の末、Seiko Advanceは‌ iPhone‌に黒インクを供給し、現在Seiko Advanceの売上の40%を占めるパートナーシップにつながりました。

Cookによると、AppleとSeiko Advanceは「一緒に成長し」、「互いに押し合ってさらに革新する」とのことです。

どのようにiTunesアカウントを設定しますか