アップルニュース

Tapがジェスチャーコントロールを備えた第2世代ウェアラブルキーボードを発表

タップ 、未来を作る会社、 ウェアラブルキーボード 、本日、第2世代キーボードであるタップストラップ2の発売を発表しました。

タップストラップ2は、元のタップストラップとデザインが似ており、指にフィットし、一連の異なる指タップで入力できます。

tap1
オリジナルのタップと比較して、タップストラップ2は新しいサムリンググライダーとより敏感なより良いマウス機能を提供します。柔らかい表面をタップして文字を入力する方が、元のTapバージョンよりも優れており、10時間のバッテリー寿命をサポートするようになりました。

Bluetooth経由でデバイスに接続し、AirMouseと呼ばれる新機能を備えています。 AirMouseを使用すると、ユーザーはiPad、スマートTV、セットトップボックスなどを制御できます。 Apple TV 、およびその他の手のジェスチャーを使用します。

AirMouseモードは、キャリブレーションやソフトウェアドライバーを必要とせずに、箱から出してすぐに機能します。操作には複数のモードがあり、ユーザーが何を達成する必要があるかによって異なります。

tao3
マウスモードでは、標準のマウスの場合と同じように、タップストラップ2を使用して、カーソル、スクロール、およびクリックを制御できます。マルチメディアモードでは、ユーザーは再生、一時停止、音量の調整、またはトラックのスキップを行うことができ、スマートTVモードでは、ユーザーはメニュー間を移動したり、アイテムを選択したり、視聴するコンテンツを検索したりできます。遠くから写真を撮るための別のセルフィータップオプションもあります。

すべてのモードはさまざまな手のジェスチャーで機能し、タップストラップ2は、デバイスを装着している人が何をしたいのかを予測するように設計されています。手が水平の場合、タップストラップ2はキーボードモードで動作し、さまざまな指のタップで入力できます。親指が表面に置かれているときはマウスモードに切り替わり、手を垂直に回転させるとAirMouseモードに切り替わります。

tap2
タップによると、タップストラップ2は、 iPad 、水平スワイプ、ホーム画面へのアクセス、アプリスイッチャーの起動などの操作を提供します。

将来的には、Tapはジェスチャーベースの機能を拡張して、ゲームやARおよびVRデバイスで機能するようにする予定です。 2020年以降、開発者はAirMouseSDKを使用してAirMouse機能を組み込んだアプリケーションを作成できるようになります。

タップストラップ2は TapのWebサイトから購入 199ドル。