アップルニュース

AT&Tが10GBのテザリングと$ 25オフのDirecTVを備えた新しい無制限データプランを発表

2017年2月26日日曜日午後11時42分PSTby Joe Rossignol

AT&Tは、 ベライゾン 、スプリント、それは製図板に戻って、より良いものを思いついた。

UnlimitedPlusとUnlimitedChoice 。

Unlimited Plusは、1回線で月額$ 90から始まり、無制限の通話、テキスト、および最大4GLTE速度のデータが含まれます。ビデオはHD品質でストリーミングできますが、 ストリームセーバー ストリーミングビデオを約480pの品質に下げるモードは、デフォルトで有効になっているため、オフにする必要があります。 myAT&T

AT&T Unlimited Plusには、1回線あたり月額最大10GBの4G LTEテザリングが含まれ、高速割り当てを超えると、対象デバイスの残りの請求サイクルで速度が最大128Kbpsに低下します。

2つのスマートフォンラインは月額$ 145から始まり、タブレットやホットスポットなどの最大8つの追加デバイスを月額$ 20で追加できます。料金には月額アクセス料金が含まれていますが、税金や追加料金は含まれていません。 AutoPayとペーパーレス請求が必要です。

期間限定で、AT&T Unlimited Plusのお客様は、DirecTV、DirecTV NOW、またはAT&TU-verseに対して毎月25ドルの請求クレジットを受け取ることができます。請求クレジットは2〜3の請求期間で始まります。たとえば、DirecTV NOWを使用したAT&T Unlimited Plusの月額合計費用は、割引後の月額$ 100から始まります。

一方、AT&T Unlimited Choiceは、1回線で月額$ 60から始まり、無制限の通話、テキスト、および最大3 Mpbsの速度のデータが含まれますが、テザリングは含まれていません。最大1.5Mbps、別名約480pのビデオストリーム。 DirecTV、DirecTV NOW、またはU-verseをバンドルする場合の割引はありません。

2つのスマートフォンラインは月額$ 115から始まり、タブレットやホットスポットなどの最大8つの追加デバイスを月額$ 20で追加できます。料金には月額アクセス料金が含まれていますが、税金や追加料金は含まれていません。 AutoPayとペーパーレス請求が必要です。

どちらのプランでも、22 GBを超えるデータ使用量の各回線では、請求サイクルの残りの期間、その回線の速度が低下する可能性がありますが、22 GB、23 GB、および28GBと同様のネットワーク輻輳が発生する場合に限ります。それぞれVerizon、Sprint、T-Mobileのソフトキャップポリシー。

さらに、AT&Tによると、どちらのプランでも、個人と企業が米国からカナダとメキシコに無制限に電話をかけ、120か国以上に無制限のテキストメッセージを送信できるようになっています。これらのプランのAT&Tのお客様は、ローミング料金なしで、カナダとメキシコでの通話、テキスト送信、およびデータの使用にプランを使用することもできます。

ビデオはAT&Tの以前の無制限データプランを参照しています
AT&Tの以前の無制限データプランは月額100ドルから始まり、テザリングが含まれていなかったため、新しいプランはより良い価値を提供します。一方、VerizonUnlimitedは月額$ 80から、Sprint Unlimitedは月額$ 50から期間限定で、T-MobileONEは月額$ 70から、税金と手数料が含まれています。

タグ:AT&T、無制限のデータ