アップルニュース

画面共有がAppleサポートサイトで利用可能になりました

2013年11月11日月曜日午後4時5分PSTby Juli Clover

アップルは本日、 Appleサポートサイト 新しいオプションを使用すると、顧客はMacで電話でヘルプを受け取ったときに自動画面共有を開始でき、Appleのサポートエクスペリエンスをより細かく制御でき、サポートスタッフからのより迅速で正確な応答が容易になります。

画面共有ボックスを選択すると、一時的なダウンロードが促され、Appleがサポートコールを開始したときに画面共有を開始できます。ただし、このボックスをチェックしないことで、Appleの担当者との画面共有を禁止することもできます。画面共有は音声通話でのみ使用でき、チャットセッションでは使用できません。

screensharingapplecare
によって指摘されたように 9to5Mac 、新しい自動化されたWebサイトの選択は、AppleCareの担当者が顧客に必要な場合にのみ画面共有を選択するように求める、以前の画面共有プロトコルに代わるものです。画面共有の使用を選択することは顧客の決定であり、顧客は以前は画面共有オプションを要求できましたが、新しいチェックボックスを使用するとプロセスが簡単になります。

顧客は常に画面共有を要求することができ、その時点でAppleCareの担当者は、接続を容易にするアプリケーションをAppleのサイトからダウンロードするように指示します。これで、ダウンロードがサポートページに直接表示されます。顧客が画面共有を使用することを選択した場合、AppleCareの担当者は、それが役立つと思うかどうかにかかわらず、要求に応じる必要があります。

画面共有に加えて、Appleはここ数ヶ月でサポートサイトに他の重要な変更を加えており、8月に同社はよりシンプルなインターフェイスと24時間年中無休のライブチャットサポートを備えた再設計されたAppleCareWebサイトを立ち上げました。