アップルニュース

調査会社は2019年第2四半期にAppleのMac出荷の対照的な写真を描く

2019年7月11日木曜日午後4時58分PDTby Eric Slivka

著名な調査会社であるGartnerとIDCは、四半期ごとに世界中のコンピューターの出荷を見積もろうと試みており、両社は本日、第2暦四半期の見積もりを発表しました。

GartnerとIDCの見積もりはまさにそれであり、見積もりであり、AppleがMacやその他の製品の販売台数を報告しなくなったため、これらの見積もりがどれほど正確になるかはわかりません。しかし、今日のリリースで明らかにされているように、それらはかなり異なる可能性があります。

ガートナー2Q19グローバル ガートナーの19年第2四半期の世界的なPCベンダーユニットの予備出荷見積もり(数千ユニット)
ガートナーは言う 世界のPC出荷台数は前年比1.5%増加し、Lenovoが力強い成長をリードし、HPとDellがそれぞれ2位と3位にランクインしました。 Appleは4位に登録し、推定37億1100万台のMacが出荷され、前年比0.2%減少しました。一方、AcerとAsusは世界ベースでトップベンダーを締めくくりました。

iPhoneでプライベートブラウジング履歴を表示する方法

ガートナーのシニアプリンシパルアナリストである北川美香子氏は、世界のPC出荷台数の伸びは、2019年第2四半期のビジネス市場におけるWindows 10の更新による需要に牽引されました。デスクトップPCの伸びは力強く、モバイルPCの出荷台数の減少を相殺しました。

さらに、Intel CPUの不足が緩和されている兆候があり、これは過去18か月間市場に継続的な影響を及ぼしています。不足は主に中小規模のベンダーに影響を及ぼしました。大規模なベンダーが利用して成長を続け、CPUの保護に苦労していた小規模なベンダーから市場シェアを奪いました。

iphone7のホームボタンはボタンです

米国に目を向けると、市場全体では2018年の第2四半期と比較してわずか0.4%の減少が見られましたが、Appleの出荷台数は推定5.6%減少して158万5000万になりました。 Appleは、HP、Dell、Lenovoに次ぐ、MicrosoftとAcerに大きく先んじて、米国で4位のランキングを維持しました。

ガートナー2Q19us ガートナーの19年第2四半期の米国ベンダーユニットの暫定出荷見積もり(数千ユニット)
正確であれば、Gartnerの見積もりでは、Appleは2014年の第1四半期以来、米国のPC市場で最も低いシェアを占めており、Gartnerが2014年の第3四半期にAppleをトップグローバルベンダーとして含め始めて以来、世界で最も低いシェアを記録しています。

ガートナー2Q19トレンド Appleの市場シェアトレンド:1Q06–1Q19(Gartner)
IDCの見積もり しかし、世界全体のPC出荷台数は2018年の第2四半期と比較して4.7%増加すると予測しています。IDCは、Appleがこの四半期に4011万台のMacを出荷し、前年比で10%近く増加したと予測しています。

セイフォンはいくらですか

idc2Q19グローバル
IDCによると、Appleは、新しいMacBook Proモデルの発売だけでなく、今後の関税の可能性を防ぐための流通チャネルへの積極的な出荷によって、在庫レベルが向上したことで恩恵を受けたとのことです。

タグ:IDC、Gartner