アップルニュース

PSA:Gmail経由で送信された@ Mac.com、@ Me.com、または@ iCloud.comの電子メールは、今すぐスパムとしてマークされる可能性があります

過去数年間、私はAppleから提供された@ me.comメールアドレスをGmailのエイリアスとして設定し、iCloudメールのGmailアカウントへの自動転送を有効にしてきました。これにより、Gmailを@ gmail.comアドレスと@ me.comアドレスの両方からメールを送受信するためのワンストップショップとして使用できます。



icloud gmail
しかし、最近、Gmail経由で@ me.comアドレスから送信されたメールの多くが、定期的にメールを送信している場合でも、受信者のスパムボックスに自動的に送信されることに気付きました。これは数週間続きましたが、私の側には何の兆候もありませんでしたが、不可解な返信の欠如を超えていました。

最終的に、受信者の1人が、私の電子メールがスパムに送信されたと警告し、私はGoogleに調査を依頼しました。結局のところ、業界全体の電子メール認証、ポリシー、およびレポートプロトコルという名前があります DMARC 、そしてAppleは7月にDMARCポリシーを「検疫」に引き上げたようです。





基本的に、これは、@ mac.com、@ me.com、@ icloud.comなどのApple提供の電子メールアドレスからGmailなどのサードパーティの電子メールクライアントを介して送信される電子メールが自動的に送信される可能性が高いことを意味しますスパムとしてマークされています。

AlIversonのスパムリソース 説明:

これらを監視していると、Appleの消費者向けメールドメイン(iCloudドメイン)(mac.com、me.com、icloud.com)が「p = quarantine」DMARCポリシーに移行していることに気付いたかもしれません。つまり、これらのドメインに電子メールアドレスがある場合、電子メールサービスプロバイダーまたはその他のApple以外の電子メールプラットフォームを使用して送信メールを送信してメールを送信する機能は、あまり見栄えがよくありません。メールは完全にブロックされない可能性がありますが(Appleは「p = reject」に移動しませんでした)、「p = quarantine」に移動すると、メールがスパムフォルダに入れられる可能性がはるかに高くなります。

wiseToolsのDMARCレコードは、 @ mac.com@ me.com 、 と @ icloud.com 'p = quarantine'ポリシーに準拠するようになりました。

DMARCは、電子メールの「差出人」アドレスが偽造される最も一般的なタイプのフィッシング攻撃の1つと戦うように設計されているため、Appleが「検疫」ポリシーに移行することは、たとえそれがサードパーティのクライアントを介してAppleの電子メールを使用する人々にとっては不便です。

これを知った後、私は説明のためにAppleに連絡しました、そしてそれは新しいDMARCポリシーを確認しませんでしたが、それはGmailのための潜在的な解決策を提供しました。

Appleは、@ me.comアドレスからの電子メールがiCloudSMTPサーバー(smtp.mail.me.com)を介して送信されるように設定されていることを確認することで、スパムとしてマークされた問題を回避できるはずだと言った。 Appleには 関連するサポートドキュメント

GmailSMTP
Gmailの設定を開いたとき、SMTPサーバーのドメインはsmtp.mail.me.comではなくsmtp.me.comでしたが、@ me.comアドレスがすでに同様の方法で構成されていることがわかりました。後者に更新した後、Gmail経由で私の@ me.comアドレスからのメールが他の人の受信トレイに届き始めました。

さらにテストするために、私はsmtp.me.comに戻り、自分の電子メールが再びスパムとしてマークされると考えました。ただし、初めてメールを送信した連絡先を含め、すべてのメールはまだ他の人の受信トレイに届きました。

現時点では、何が問題を解決したのか完全にはわかりませんが、SMTPサーバーの設定をいじくり回すことが他の人にも役立つことを願っています。そうでない場合で、@ mac.com、@ me.com、または@ icloud.comアドレスを介して送信する重要な電子メールがある場合は、必ずApple独自のメールアプリまたはiCloud.comから送信してください。