アップルニュース

人気のあるバックアップソリューションCrashPlanが個人サブスクリプションを廃止

人気のクラウドバックアップソリューションCrashPlanの背後にある会社であるCode42、 本日発表 近い将来、CrashPlan forHomeサブスクリプションオプションを廃止する予定です。本日より、Code42はCrashPlan forHomeサブスクリプションを提供または更新しなくなります。





ボタン付きのiphonexrを工場出荷時にリセット

Code42のCEOであるJoePayneは、ビデオメッセージの中で、企業と組織の市場のみに焦点を当てるために、個人のサブスクリプションオプションを終了すると述べました。


既存のホームのお客様の場合、Code42は購入することを提案しています 中小企業向けCrashPlanプラン またはに切り替えます カーボナイト 、別のバックアップサービス。



CrashPlan for Small Businessの使用を選択したお客様は、数分以内にデータを転送できます。スモールビジネスプランの価格は、無制限のアップロードスペースでデバイスあたり月額$ 10ですが、現在のCrashPlan for Homeサブスクライバーは、今後12か月間で75%の割引を受けることができます。 Code42により、ユーザーは5TB以下のクラウドバックアップを移行できます。

クラッシュプランオプション
Carboniteを選択したお客様は、選択したCarboniteプランの50%割引を受けることができます。 Carboniteの価格は、単一のデバイスで無制限にストレージを利用できる場合、年間60ドルからです。

現在のCrashPlanfor Homeサブスクライバーは、サブスクリプションの有効期限が切れるまでCrashPlanを引き続き使用できますが、有効期限が切れると、新しいバックアップソリューションを選択する必要があります。 CrashPlanサブスクリプションは返金不可であるため、お客様はサブスクリプションが終了するのを待ってから、新しいプランまたはサービスに移行する必要があります。

Code42は、2018年10月22日をCrashPlan Homeのサポート終了日として指定しており、同社はその日までのすべてのサブスクリプションを尊重することを計画しています。 2018年10月22日を超えるサブスクリプションを持つサブスクライバーは、サービスが中止される前に、アップグレードプロセスに関する追加情報を送信することを約束するCode42を使用してCrashPlan for SmallBusinessアカウントにアップグレードされたアカウントを確認できます。