アップルニュース

ペガトロンがインドネシアのiPhoneチップ工場に最大10億ドルを投資

アップルのサプライヤーであるペガトロンは、インドネシアの工場に最大10億ドルを投資して、アップルのスマートフォン用のチップを製造する計画だと、インドネシアの省当局者は火曜日に語った。 ロイター )。

ペガトロンのロゴ
Warsito Ignatius副大臣によると、台湾の製造業者はインドネシア政府に署名した書簡で、チップはインドネシアの電子機器会社PT SatNusapersadaと提携して製造されると述べた。

ペガトロンは、正確な金額に影響を与える変数は明らかにされていませんが、投資額は6億9500万ドルから10億ドルの間になると予想しています。

2018年12月、Appleは、Qualcommとの特許紛争の結果として数十億ドルの収益を失うことを回避するために、古いiPhoneの生産をPegatronにシフトすることを検討していると言われました。その論争はそれ以来 解決しました しかし、米国と中国の間の貿易摩擦の高まりにより、両国の製造業者は警戒を強めています。ペガトロンは中国に組立工場を持っており、インドネシアの投資の公約が緊急時対応計画になる可能性があることを示唆しています。

今日のレポートによると、新しいインドネシアの工場はMacBookコンポーネントの製造にも使用される可能性がありますが、その操作は「短期的には行われない」とイグナティウス氏は語った。 ロイター

DigiTimes 2018年5月の噂では、Pegatronは、ARMプロセッサを搭載したMacBookを製造するために、Appleからの注文を受け付けましたが、その情報は、すでにARMを搭載したAppleのMacBookProのタッチバーと誤解されていた可能性があります。コンパニオンプロセッサとしてのベースのT1チップ。 Appleは2017年に、IntelプロセッサではなくARMチップのみを搭載したMacの計画はないと述べた。