アップルニュース

映画のどこにでもある新しい「スクリーンパス」機能により、デジタル映画を友達に貸すことができます

人気のデジタルフィルムコレクションプラットフォーム どこでも映画 本日、「スクリーンパス」と呼ばれる新機能を使用して、ユーザーがデジタル映画を友人に貸し出すことができるようになることを発表しました(経由 ザ・ヴァージ )。



どこでも映画スクリーンパス
Screen Passを使用すると、毎月最大3本の映画を共有できます。また、友だちは7日間でオファーを受け入れることができ、その後14日間映画にアクセスできます。開始後、受信者は3日以内に映画の視聴を終了します。

どちらのユーザーにもMoviesAnywhereアカウントが必要ですが、1か月に映画を共有できる回数や、共有する人の数に制限はありません。これは、たとえば、同じ映画を2人の異なる人と共有しながら、自分のライブラリでそれを見ることができることを意味します。





すべての映画がスクリーンパスをサポートするわけではありませんが、Movies Anywhereは、この機能が本日後半にベータ版で開始されると、6,000を超えるタイトルが対象になると述べています。対象となる映画はスタジオによって決定されるため、新しいリリースや非常に人気のある映画ではScreenPassがサポートされない可能性があります。

Movies Anywhereは、iTunes、Amazon Video、Vudu、Google Play、Microsoft Movies&TV、FandangoNowなどのプラットフォームからのすべての映画を収容するデジタルロッカーサービスです。 Movies Anywhereと同期すると、これらのアカウントはすべて中央サービスに送られ、デジタルコレクション全体を1か所で確認できます。

クローズドベータ版は本日午後1時に開始されます。 PT、およびオープンベータは5月に計画されています。その後、ScreenPassの幅広い発売が年内に予定されています。