アップルニュース

Androidアプリを実行するMicrosoftPrepping折りたたみ式デュアルスクリーンSurfaceタブレット

調査会社IHSMarkitのアナリストであるJeffLin氏によると、Microsoftは2020年前半に小型の折りたたみ式Surfaceタブレットを発売する予定です。

表面に行く Microsoft Surface Go
と共有されたメールで フォーブス サプライチェーンの情報を引用して、Lin氏は、Microsoftが4:3のアスペクト比を備えたデュアル9インチスクリーンを備えたSurfaceをデビューさせることを期待していると語った。

おそらくもっと興味深いことに、Linはまた、Microsoftの次期次世代WindowsオペレーティングシステムであるWindows CoreOSがAndroidアプリをネイティブに実行できるようになると主張しています。新しいSurfaceは、Windows10でAppleのiCloudサービスもサポートするようです。

このデバイスは、Intel 10nm Lakefieldシステムオンチップ(SOC)も採用すると報告されています。 Linは、デュアルスクリーンのSurfaceは、早くも2020年の第1四半期、または2020年の前半までに到着する可能性があると考えています。

を念頭に置いて 問題 折り畳み式ディスプレイはすでにSamsungに提供されているので、Microsoftが折り畳み式タブレットデザインに動的デュアルディスプレイを実装する方法を見るのは興味深いでしょう。

さらに、MicrosoftがGooglePlayストアとは別に独自のAndroidApp Storeをホストする方法と、Windows10を実行するすべてのデバイスで開発者に共通のアプリプラットフォームを提供する同社の既存のユニバーサルWindowsプラットフォームとどのように連携するかは不明です。

今年の初め レポートが表示され始めました Microsoftは、コードネーム「Centaurus」のデュアルスクリーンモバイルデバイスの発売を計画しています。同社によると、同社は今月初めにデバイスチームのオールハンズイベントでデュアルスクリーンのSurfaceハードウェアをからかったとのことです。 ザ・ヴァージ

日曜日のIHSMarkitアナリストのLinも、今年後半のAppleのMacBook計画を予測しました。これには、16インチのMacBookProと 更新します 13インチMacBookPro sans TouchBarと MacBook Air

タグ:Microsoft、Microsoft Surface