アップルニュース

macOSSierraおよびiOS10:クロスデバイスコピー/貼り付け用のユニバーサルクリップボード

macOSSierraとiOS10の新機能は、さまざまなデバイス間でリンク、テキスト、写真などを簡単に転送できるユニバーサルクリップボード機能です。ユニバーサルクリップボードを使用すると、Macに何かをコピーしてiPhoneに貼り付けることができ、その逆も可能です。

複数のデバイスでWebページを開くことはすでに可能でしたが、その機能はさらに拡張されました。 macOSSierraおよびiOS10では、1つのデバイスにリンクをコピーすると、そのリンクがiCloudにアップロードされ、AppleIDでサインインしている他のすべてのデバイスで利用できます。 Macでレシピを検索したり、テキストをコピーしてiPhoneに貼り付けたり、iPhoneからiPadに写真をコピーしたりすることができます。

この機能の使用は、あるデバイスで何かをコピーし、別のデバイスに切り替えて、[貼り付け]をクリックするだけです。コピーが登録されるまでに1〜2秒かかる場合がありますが、シームレスに機能します。ユニバーサルクリップボードの視覚的なインジケーターはありません。すべて舞台裏にあります。

macossierrauniversalclipboard
AppleはUniversalClipboardの有効期限を実装しているので、コピーした後、別のデバイスに何かを貼り付けるのに数分しかありません。約2分と思われるその有効期限が過ぎると、クロスデバイスペーストは機能を停止し、別のコピーで再度アクティブ化する必要があります。

何をどこにコピーできるかには制限があります。テキストはMacまたはiOSデバイスのほぼどこにでもコピーできますが、画像は多少制限されており、Pagesなどのアプリにコピーする必要があるため、写真ファイル転送用のAirDropの確実な代替手段ではありません。

ユニバーサルクリップボードは 継続性機能 、それを機能させるには、すべてのデバイスで同じAppleIDにサインインする必要があります。この機能を動作させるには、Bluetoothもオンにする必要があり、BluetoothLEが必要です。次のMac ユニバーサルクリップボードを使用する

-MacBook(2015年初頭以降)
-MacBook Pro(2012以降)
-MacBook Air(2012以降)
-Mac mini(2012以降)
-iMac(2012以降)
-Mac Pro(2013年後半)

継続性機能は信頼できない場合があり、ベータテスト期間中のユニバーサルクリップボードでのむらのあるパフォーマンスに関する報告があります。機能を復元するためにiCloudにサインインおよびサインアウトすると役立つ場合があり、iOSデバイスでハンドオフがアクティブになっていることを確認する必要があります([設定]-> [一般]-> [ハンドオフ])。

Bluetooth接続と同じAppleIDを除いて、他の要件はありません。ユニバーサルクリップボードはセルラーデータで動作するため、Wi-Fiは必要ありません。

以前に導入されたContinuity機能を使用すると、ユーザーはMacで電話をかけたり応答したり、MacでSMSメッセージを受信したり、Handoffを使用してあるデバイスから別のデバイスにタスクを転送したりできます。 macOS Sierraのその他の新しいContinuity機能には、Web上のApplePayやAppleWatchによる自動ロック解除が含まれます。

macOS Sierraは本日より入手可能で、Mac AppStoreからダウンロードできます。