アップルニュース

macOSCatalinaのヒントとコツは知っておく価値があります

Mac上で動作するソフトウェアの最新バージョンであるmacOSCatalinaは、わずか数週間でリリースされる予定です。 macOSのアップデートはiOSのアップデートほど注目されないことが多いので、いくつかのmacOSCatalinaの機能が注目されていない可能性があります。





ベータ版の投稿とまとめでmacOSCatalinaの主要な新しい追加について説明しましたが、知っておく価値のある小さな変更と微調整のいくつかを強調する価値があると思いました。


- メモの共有 -メモアプリには、メモのフォルダ全体を共有したり、表示専用の容量でメモを共有したりできる新しい共有オプションがあります。これにより、誰かがメモを表示したり編集したりすることはできなくなります。





- 簡単なマルチタスク -アプリの緑色のボタンにカーソルを合わせると、アプリを左または右に並べて表示するオプションがあります。これにより、画面の片側に移動して、すぐ隣にある別のアプリを開いてマルチタスクをすばやく実行できます。もちろん、この機能を使用してアプリをフルスクリーンで送信することもできます。

- 文書への署名 -macOS Catalinaでは、PDFまたは別のドキュメントに署名する必要がある場合は、 iPhone また iPad 。プレビュー内の[マークアップ]メニューを使用し、[署名]を選択して、署名を作成するだけです。 iOSデバイスを選択した後、タッチスクリーンで直接署名できます。

- ワンクリックメールで退会 -メールアプリには、メーリングリストのメールの一番上に便利な小さな購読解除リンクを配置する新機能があり、メーリングリストからすばやく降りることができます。

- ピクチャーインピクチャー -Safariでは、ナビゲーションバーにある小さなサウンドアイコンをクリックして[Picture in Picture]オプションを選択することにより、ピクチャーインピクチャーモードに入るオプションがあります。これにより、ビデオウィンドウが引き出され、Webを閲覧しながら視聴できるようになります。ピクチャーインピクチャーもQuickTime内で利用できるようになりました(ナビゲーションコントローラーのピクチャーインピクチャーボタンをクリックするだけです)。

- 自動ダークモード --macOSMojaveがもたらしました ダークモード 、ただし、macOS Catalinaには、‌ダークモード‌を切り替える新しい「自動」オプションがあります。朝と夕方のライトモード。システム環境設定を開き、[全般]タブに移動すると、オンにできます。

- 再配置されたAppleIDとデバイスの同期 --macOS Catalinaは、iTunesを音楽、テレビ、ポッドキャストに分割します。これは、一部のiTunes機能が再配置されたことを意味します。デバイスの同期は、‌ iPhone‌のときにFinderアプリを介して処理されるようになりました。または‌ iPad‌接続され、あなたの管理 Apple ID これで、システム環境設定で実行されます。

- iCloudファイル共有 -iCloud Driveに、iCloudフォルダ全体を別のユーザーと共有するオプションが追加されました。フォルダを右クリックして、共有を選択するだけです。

- iCloudファイル削除の微調整 -ダウンロードを‌ iCloud‌から削除せずに、Macから削除できます。カタリナで。ファイルを右クリックして、[ダウンロードの削除]オプションを選択します。これにより、‌ iCloud‌でのみ利用可能になり、‌ iCloud‌が少し追加されます。マシン上に存在しないことを示すアイコン。

ビデオに含まれていなかったことを知っておく価値のある他のヒントやコツはありますか?コメントでそれらについて教えてください。