アップルニュース

LGは2019年のiPhoneのOLEDディスプレイの注文を共有することを期待しており、おそらく2020年にはBOEがそれに続く

サムスンは、iPhone用のOLEDディスプレイのアップルの独占的サプライヤーであると信じられていますが、まもなく会社ができるかもしれません。

iOS15はどのようになりますか

2018iphoneトリオ
バークレイズのアナリストは、エターナルと共有したリサーチノートで、韓国の仲間であるLGが2019年のiPhone向けのOLEDディスプレイの生産をサポートする可能性が高く、2020年には中国のメーカーであるBOEがそれに続く可能性があると述べた。

複数の報告によると、Appleは追加のOLEDディスプレイサプライヤーとしてLGとBOEを利用する可能性があります。 Appleは、サプライチェーンを可能な限り多様化することを目指しており、多くの場合、特定のコンポーネントに対して少なくとも2つのサプライヤを確保します。これは、サプライチェーンのリスクを軽減し、交渉の立場を改善する戦略です。

Appleは、2019年に2つのハイエンド5.8インチおよび6.5インチOLEDモデルと1つのローエンド6.1インチLCDモデルを含む3つの新しいiPhoneを発売することが広く期待されています。 2020年に、噂はAppleが オールOLEDラインナップへの移行を完了する 、5.4インチ、6.1インチ、および6.7インチモデルを含みます。

関連するまとめ: iPhone 11iPhone 12 タグ:バークレイズ、LG、OLED、BOE関連フォーラム: iPhone