アップルニュース

Kuo:2020年にiPhoneアクセサリとして発売されるAppleのARメガネ

2019年3月8日金曜日午前4時37分PSTby Tim Hardwick

AppleのアナリストMing-ChiKuoからの新しいレポートによると、Appleの最初の噂のヘッドマウント拡張現実デバイスは来年半ばまでに準備が整う可能性があります(経由 経済日報 [ グーグル翻訳 ])。





arメガネ TechAcuteを介したデジタルメガネの空想的なモックアップ
Kuoによると、AppleのARメガネは iPhone アクセサリであり、主にディスプレイの役割を果たし、コンピューティング、ネットワーキング、およびポジショニングを‌ iPhone‌にワイヤレスでオフロードします。

‌ iPhone‌として機能するARメガネの設計アクセサリはまた、Appleがすべての処理ハードウェアを1つのデバイスに詰め込もうとするのではなく、メガネをスリムで軽量に保つことを可能にすることが期待されています。





Kuo氏は、Appleは今年の第4四半期にもガラスの大量生産を開始することを目指していると考えていますが、期間は2020年の第2四半期に延期される可能性があることを認めています。

2017年11月に戻って、 ブルームバーグ AppleはARヘッドセットを開発しており、2019年までに準備することを目指していると報告しましたが、同社は2020年に製品を出荷する可能性があります。レポートによると、ヘッドセットはiOSに基づく新しいカスタムオペレーティングシステムで動作し、「rOS」と呼ばれます。 「現実のオペレーティングシステム」の場合。

Appleは、特許出願に基づいて10年以上にわたって仮想現実と拡張現実技術を調査してきました。同社はまた、ARとVRに取り組んでいる何百人もの従業員で構成される秘密の研究ユニットを持っていると噂されており、新しいテクノロジーを将来のアップル製品でどのように使用できるかを探っています。

AppleのCEOであるTimCookは、拡張現実の見通しについて何度か話し、ARは「人間を孤立させるのではなく、人間のパフォーマンスを増幅する」ため、ARを「深遠な」ものと見なしていると述べています。

関連するまとめ: アップルグラス