アップルニュース

Kuo:2021 iPhoneは、FaceIDに加えて指紋検知ディスプレイを搭載する

2019年8月5日月曜日午前4時23分PDTby Tim Hardwick

Appleは iPhone AppleのアナリストMing-ChiKuoによる新しい投資家向けメモによると、Eternalが入手した、2021年にFaceIDとオンディスプレイ指紋センサーの両方を搭載しました。

第1世代のエアポッドと第2世代

ギャラクシーS8セキュリティタッチ
Kuoの予測は、指紋表示(FOD)に関連するAppleの特許と、Androidスマートフォンでのテクノロジーの継続的な使用に基づいており、Appleが指紋スキャンをスマートフォンの画面に戻すことを選択することを示唆しています。

技術面では、モジュールの厚さ、検出領域、消費電力、ラミネーションの歩留まりなど、FODの4つの重要な技術的問題が12〜18か月で大幅に改善されると予測しています。したがって、私たちは Appleは、マルチバイオメトリクスのおかげでセキュリティと利便性を強化するために、FaceIDとFODの両方を搭載した新しいiPhoneを発売します。

Appleは、‌ iPhone‌を含む主力のスマートフォンラインナップで指紋認識を完全に無効にしました。 XS、‌ iPhone‌ XS Max、およびLCDベースの‌ iPhone‌ XR。一方、中国のモバイルベンダーは反対の方向に進んでおり、ディスプレイ内の指紋検知技術の採用をプレミアムスマートフォンからミッドレンジモデルにまで拡大しており、同様に人気があります。

Appleは、2017年の‌ iPhone‌のディスプレイの下にTouchIDを統合しようとしていると広く噂されていました。 X、しかし会社はFace IDで「初期の視線」を打った後、あらゆる形態の指紋スキャンを捨てました。ただし、Kuoは、Face IDおよびFODテクノロジーは「補完的であり、競争力がない」と主張しています。マルチバイオメトリクスは、どちらか一方が使用に不便であるか、単に利用できない状況で認証プロセスを提供するためです。

iPhone11で実行中のアプリを閉じる方法

Kuoは、GISとQualcommが‌ iPhone‌によるFODの採用から恩恵を受けると考えており、前者は「大面積センシング超音波」技術を提供し、後者は超音波FODモジュールとラミネーションを提供します。 Kuoはまた、Apple Watchが将来的に生体認証機能をサポートする場合、iPhoneでのFODの可能性が高まると主張しています。

先月、中国のメディア筋は、Appleが新しい‌ iPhone‌を発売するつもりであると主張しました。アンダーディスプレイ指紋センサーを備えた予算重視の中国市場向け。ただし、これらのレポートによると、指紋スキャンは、高すぎると見なされていたFaceIDテクノロジーを強化するのではなく置き換えるものになるとのことです。

バークレイズのアナリストも最近 主張 その2020年モデルのiPhoneは、Appleのアジアのサプライチェーンのサプライヤーとの会議に続いて、フルスクリーンの‌ Touch ID‌を可能にする音響指紋技術を備えています。

これらのレポートの前は、Appleは‌ Touch ID‌で完了しているというコンセンサスがありました。スマートフォンでは、指紋検知MicroLEDディスプレイなど、過去にさまざまなインディスプレイ指紋スキャナーソリューションを検討してきましたが。ただし、‌ Touch ID‌ラップトップキーボード、特にAppleのMacBookProシリーズと MacBook Air

アプリをホーム画面に戻す方法ios14
タグ:Ming-Chi Kuo、Touch ID