アップルニュース

Apple Watch Series5用のOLEDスクリーンを供給するジャパンディスプレイ

2019年4月3日水曜日12:54 am PDT by Tim Hardwick

ジャパンディスプレイは、新しいアップルウォッチモデルによると、今年の新しいアップルウォッチモデルのOLEDスクリーンを供給します ロイター 今日報告してください。





アップルウォッチシリーズ4トリオ

Japan Display Incは、今年後半にApple Watch用の有機発光ダイオード(OLED)スクリーンの供給を開始する、と2つの情報筋は語った。





供給契約は、ジャパンディスプレイのOLEDディスプレイ市場への進出を示すものであり、この問題に精通している2つの情報筋は、メディアとの会話が許可されていないため、特定されることを拒否したと述べた。

この開発は、2018年3月に終了した年度の収益の半分以上をAppleに依存し、主力のLCDビジネスが最近のAppleのLCDからの移行によって大きな打撃を受けた液晶ディスプレイパネルサプライヤーにとって特に朗報です。

恒星未満の売上高の報告があります iPhone LCDを使用するXR。また、Appleが2020年のiPhone用のLCDディスプレイを廃止し、すべてOLEDのラインナップを採用する可能性があるとの噂もあります。その結果、ジャパンディスプレイは、切り替えが行われる前にそれをより強固な基盤に置く投資家の助けを求めてきました。

ロイター ジャパンディスプレイが目指すのは月曜日 9億9000万ドルも調達 今週早くも新しい資金調達で。

Appleは、OLEDディスプレイのサプライチェーンを強化するために取り組んでおり、‌ iPhone‌にディスプレイを供給するSamsungへの依存を減らしています。 X、‌ iPhone‌ XS、および‌ iPhone‌ XSマックス。伝えられるところによると、LG DisplayはOLEDディスプレイの生産施設を建設するように促し、台湾にOLEDパネルの研究開発サイトを建設するための機器も購入しました。

今日のレポートは、ジャパンディスプレイOLEDスクリーンへの切り替えが次のApple Watchにとって何を意味するかについてはほとんど手がかりを提供していませんが、新しいOLEDテクノロジーは一般に薄く、LCDスクリーンよりも柔軟性があります。 Apple Watch Series 4の場合、Appleはディスプレイパネルをより大きなLTPO(低温多結晶酸化物)OLED Retinaディスプレイにアップグレードしました。これは、より効率的で消費電力が少なく、バッテリー寿命が長いことを意味します。

信頼できるAppleアナリストのMing-ChiKuoによると、2019年9月に発売されるApple Watch Series 5は、新しいセラミックケーシングのデザインを特徴としており、Apple WatchEditionの復活の可能性を示唆しています。

他の噂によると、Apple Watchの将来のバージョンでは、物理的にクリックするのではなく、ボタンに触れたときにユーザーに触覚フィードバックを提供するソリッドステートボタンが採用される予定です。 Appleはシリーズ4のデジタルクラウンに触覚フィードバックを導入しました。触覚フィードバックはサイドボタンにまで及ぶ可能性があります。

関連するまとめ: Apple Watch Series 7