ハウツー

iPhone SE:ハードリセットまたはDFUモードに入る方法

このチュートリアルでは、Appleの第2世代を強制的に再起動またはハードリセットする方法について説明します iPhone SE (2020)、および必要に応じてデバイスのトラブルシューティングを行うためにデバイスファームウェアアップグレード(DFU)モードをアクティブ化する方法。

iphone se
ハードリセットは基本的にあなたの‌を強制的に再起動します iPhone ‌。これは、デバイスがフリーズしている、エラーが発生している、または完全に応答しなくなった場合に役立ちます。一方、DFUモードでは、リセットモードまたは標準のリカバリモードで問題が解決しない場合に、‌‌ iPhone‌ ‌が復元されます。

DFUモードでは、デバイスがiTunesとインターフェイスし、ファームウェアを更新し、最後にダウンロードしたバージョンを自動的にインストールせずにOSを復元できます。ベータ版が誤動作したり、脱獄がうまくいかなかったりした場合に、古いバージョンのiOSをインストールするのに便利です。

iPhone SEをハードリセットする方法(2020)

次のボタンの押下は、次々にすばやく連続して実行する必要があります。
ハードリセットボタンiphonese

  1. 音量大ボタンを押してすばやく放します。
  2. 音量小ボタンを押してすばやく放します。
  3. 最後に、黒い画面が表示されるまでサイドボタン(別名電源)を押し続けてから放します。

サイドボタンを約10秒間押し続けた後、‌ iPhone SE‌強制的に再起動します。

iPhone SEでDFUモードを有効にする方法(2020)

  1. ‌ iPhone‌の電源を入れますまだの場合。
  2. Lightning-USBケーブルを使用してコンピュータに接続します。
  3. ‌ iPhone‌で、 ボリュームアップ ボタンの直後に ボリュームダウン ボタン。
  4. 次に、 サイドボタン (または電源ボタン)‌ iPhone‌の画面が真っ暗になるまで。
  5. を解放します サイドボタン 次に、両方を押し続けます サイドボタンボリュームダウン 一緒に約5秒間ボタンを押します。
  6. 今すぐリリース サイドボタン 、ただし、押し続けます ボリュームダウン ボタン。画面は黒のままです。
  7. Finderが自動的に起動するのを待ちます。 Macが‌ iPhone‌を検出したことを示すメッセージプロンプトが表示されます。リカバリモード。この‌ iPhone‌を復元する必要があります使用する前に。」メッセージが表示されない場合は、上記の手順を繰り返してください。

Finderリカバリプロンプトを閉じたら、先に進んで‌ iPhone‌を復元できます。を選択して工場出荷時の設定に戻す iPhoneを復元する ‌ iPhone‌リカバリモード画面。復元したら、‌ iPhone‌自動的にDFUモードを終了し、アクティベーション画面で起動します。

iPhone SEでDFUモードを終了する方法(2020)

DFUモードを有効にしていて、手動で終了したい場合は、次のようにします。

  1. を押します ボリュームアップ ‌ iPhone‌のボタンすぐに放します。
  2. を押します ボリュームダウン ボタンを押して放します。
  3. を長押しします サイドボタン ‌ iPhone‌の画面にAppleロゴが表示されるまで。

あなたの‌ iPhone‌これで、DFUリカバリモードが終了するはずです。

関連するまとめ: iPhone SE 2020 バイヤーズガイド: iPhone SE(注意) 関連フォーラム: iPhone