アップルニュース

iPhone 15 Proは、ミュートスイッチの代わりにマルチユースアクションボタンを搭載すると噂されています

iPhone 15 Pro および iPhone 15 Pro Max モデルは、Apple Watch Ultra のようなカスタマイズ可能なアクション ボタンを搭載すると噂されています。 マックルーマーズ フォーラムメンバー 誰が正確にリークしたか ダイナミックアイランドの詳細 昨年のiPhone 14 Proモデルで。






情報筋によると、アクション ボタンは、2007 年以降のすべての iPhone モデルに搭載されているリング/サイレント スイッチに取って代わるとのことです。ユーザーがボタンをさまざまなシステム機能にマップして、便利にアクセスできるようにします。

Apple の正確な実装はまだわかりませんが、アクション ボタンをタップすることで制御できる可能性のある機能をいくつか示します。



  • リング/サイレント
  • 邪魔しないでください
  • 懐中電灯
  • 低電力モード
  • ライト/ダークモード
  • 回転をロック
  • ホーム画面を表示する
  • ロック画面を表示する
  • コントロールセンターを開く
  • 通知センターを開く
  • オープンカメラ
  • スクリーンショット
  • 画面収録
  • ショートカットを実行する
  • 到達可能性をオンに切り替えます
  • アプリ スイッチャーを表示する
  • アプリ ライブラリを表示
  • シャザム
  • ボイスオーバー
  • 拡大鏡
  • バックグラウンド サウンド

これらの機能のほとんどは、 Back Tap ですでに制御されている iOS 14 で導入されたアクセシビリティ機能です。Back Tap を使用すると、iPhone の背面をダブルまたはトリプルタップして、懐中電灯をオンにしたり、スクリーンショットを撮ったりするなど、特定のアクションをトリガーできます。この機能は、設定アプリのアクセシビリティ → タッチ → バックタップで設定できます。

Apple Watch Ultra では、アクション ボタンを次のアプリと機能にマッピングできます。

  • いい結果
  • ストップウォッチ
  • ウェイポイント
  • バックトラック
  • 運転
  • 懐中電灯
  • ショートカット

iPhone 15 Proモデルのミュートスイッチがボタンに置​​き換えられることはすでに噂されていましたが、アクションボタンはこれまでほとんど論理的な憶測でした.情報筋によると、iPhone のバッテリーがなくなった後も、アクション ボタンは一定期間動作し続けるとのことです。 新しい低電力チップの組み込み .

アクションボタンに加えて、iPhone 15 Pro モデルには、 単一の音量ボタン 音量を上下に調整できるもの。両方のボタンには ソリッドステート設計 つまり、押しても物理的に動くのではなく、iPhone 7 や最新の iPhone SE のホーム ボタンと同様に、追加の Taptic Engine から触覚フィードバックを提供して動きの感覚をシミュレートします。

Appleは例年通り9月にiPhone 15シリーズを発表する可能性が高い。これらの変更はProモデルについてのみ噂されており、標準のiPhone 15およびiPhone 15 Plusモデルにはミュートスイッチと2つの音量ボタンがあると予想されています.