アップルニュース

iPad Proは、2023年または2024年に10HzまでのProMotionを備えたOLEDディスプレイを採用する可能性があります

2021年10月5日火曜日午前7時37分ジョーロシニョールによるPDT

Appleは、2023年または2024年にリリースされる低電力LTPOOLEDディスプレイを備えた2つの新しいiPadProモデルを計画しています。 韓国のウェブサイト エレク 。レポートは、新しいモデルの1つが12.9インチのディスプレイを備えている可能性が高いと主張しています。

OLED iPad Air
iPad Proは2017年からProMotionを搭載していますが、このデバイスは24Hzから120Hzまでのより狭い範囲のリフレッシュレートをサポートしています。 iPhone 13 Proの足跡をたどって、LTPO OLEDディスプレイテクノロジーへの切り替えは、将来のiPadProモデルが より広い範囲のリフレッシュレート 10Hzから120Hzの間。

2017以降のiPadProモデルでサポートされているリフレッシュレート:

  • 120Hz
  • 60Hz
  • 40Hz
  • 30Hz
  • 24Hz

iPhone 13ProおよびiPhone13 Pro Maxでサポートされているリフレッシュレート:

  • 120Hz
  • 80Hz
  • 60Hz
  • 48Hz
  • 40Hz
  • 30Hz
  • 24Hz
  • 20Hz
  • 16Hz
  • 15Hz
  • 12Hz
  • 10Hz

TF International Securitiesの投資家向けメモで、アナリストのMing-ChiKuoは最近次のように主張しました。 Appleは2022年にOLEDディスプレイを搭載したiPadをリリースする計画を断念しました 、現在、複数の情報源が2023以降の時間枠で合意しています。

注目に値するのは、7月に、ディスプレイサプライチェーンコンサルタントのアナリストであるロスヤングが、 OLEDディスプレイを搭載した最初のiPadは2023年にリリースされます 。 Youngは、新しいiPad miniを正確に明らかにするなど、ディスプレイ関連の噂の信頼できる情報源であることが証明されています。 8.3インチのディスプレイを備えています

関連するまとめ: iPad Pro