アップルニュース

iOS 15には、自動入力機能を備えた組み込みのパスワード認証システムが含まれており、Google認証システムとAuthyを置き換えます

2021年6月7日月曜日午後1時35分PDTby Juli Clover

にはたくさんの新機能があります iOS 15 、実際には非常に多く、Appleは今日の基調講演中にそれらすべてをカバーする時間がありませんでした。

iPhoneからビデオを削除するにはどうすればよいですか

グーグル認証システム
これらの新機能の1つは、iOSデバイスを使用して追加のサインインセキュリティ用の検証コードを生成できるようにする組み込みの認証システムです。

現在、アプリベースの2要素認証は、AuthyやGoogle Authenticatorなどのサードパーティアプリによって処理されていますが、Appleはこの機能をiOSに組み込んでいるため、別のアプリは必要ありません。

追加のサインインセキュリティに必要な確認コードを生成します。サイトが2要素認証を提供している場合は、[設定]の[パスワード]で確認コードを設定できます。追加のアプリをダウンロードする必要はありません。設定すると、サイトにサインインするときに確認コードが自動入力されます。

Appleによれば、設定アプリの[パスワード]で確認コードを設定できます。設定すると、サイトにサインインしたときに確認コードが自動入力されます。これにより、 iPhone また iPad はるかに合理化されました。

この機能は‌ iOS 15‌で利用できます。 iPad 15 、 と macOSモントレー

関連するまとめ: iOS 15iPad 15