ハウツー

watchOS5でSiriRaiseを使用して機能を話す方法

AppleのwatchOS5アップデートには、新しい シリア 「Hey‌ Siri‌」と言う必要がない機能または、デジタルクラウンを押してパーソナルアシスタントをアクティブにします。

代わりに、手首を上げて‌ Siri‌に直接話すことができ、Apple Watchはあなたの動きと‌ Siri‌を中継したいという願望を検出できます。指図。有効にするのは簡単で、いくつかのトリックを知っていればうまく機能します。

Raise toSpeakを有効にする

siriraisetospeak

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 「一般」を選択します。
  3. 「‌ Siri‌」まで下にスクロールしますタップします。
  4. 「RaisetoSpeak」がオンになっていることを確認します。

'Hey‌ Siri‌'を離れることができます「RaisetoSpeak」と一緒に有効にし、‌ Siri‌のいずれかを使用します。アクティベーション方法が最も便利です。

レイズを使用して話す

Raise to Speakの使用は、手首を上げてAppleWatchに向かって話すのと同じくらい簡単です。

時間を表示したり、その他のApple Watchアクティビティを実行したりするときと同じように手首を持ち上げてから、コマンドを話します。ほとんどの人は、時計を見るよりも顔に少し近づける必要があることに気付くでしょう。そのため、Raise to Speakを機能させることができない場合は、手首を口に近づけてください。

Raise to Speakは、腕を上げてその時間を見るのとは少し異なるジェスチャーであり、AppleWatchは意図の違いを知ることができます。

ヒントを話すために上げる

  • ‌ Siri‌を解釈するには、Raise toSpeakを顔にかなり近づける必要があります。音声コマンド。ほとんどの場合、自動的にアクティブになるのを防ぎます。機能しない場合は、コマンドを試す前に、手首をAppleWatchのスピーカーに近づけてください。
  • Raise to Speakは、ウォッチフェイスとアプリが開いているときの両方で機能します。ただし、手首を上げるジェスチャでアクティブにする必要があります。
  • Raise to Speakコマンドを検出するには、時計が通常の発話音量で話す必要があります。ささやきは機能しません。
  • Raise toSpeakはAppleWatchのスピーカー、‌ Siri‌の近くに依存しているように見えるためです。他の人が話しているときにトリガーされることはありません。

その他のSiriオプション

‌ Siri‌上記の手順に従ってアクセスできる設定アプリのセクションでは、‌ Siri‌の音声フィードバック設定を選択することもできます。 Apple Watch Series3をお持ちの場合はアクティブになります。

sirioptionsapplewatch
これは新しい設定ではありませんが、Raise toSpeakと一緒に再検討する価値があります。音声フィードバック(別名、音声応答)を「常にオン」、「サイレントモードで制御」に設定することを選択できます。これにより、‌ Siri‌が無音になります。サイレントモードがオンになっている場合、またはヘッドフォンのみの場合、‌ Siri‌が発生しますAirPodsまたはその他のBluetooth対応ヘッドホンを装着している場合に音声応答を提供します。

BeatsFlexを充電するにはどうすればよいですか

音量アイコンをタップするか、デジタルクラウンを使用して、設定アプリの同じセクションで‌ Siri‌の音声音量を設定することもできます。これにより、パーソナルアシスタントが音声でクエリに応答したときの‌ Siri‌の全体的な応答量が設定されます。

Raise to Speakは、Apple Watchのすべての人にとって便利な機能ですが、特に HomePod 所有者。 ‌ Siri‌をアクティブ化する場合時計で、誤って‌ HomePod‌をトリガーすることなくこれを実行できるようになりました。それは「Hey‌ Siri‌」のある部屋にあるかもしれません指図。

関連するまとめ: Apple Watch Series 7