ハウツー

iPhoneとiPadでiOS13のテキスト編集ジェスチャを使用する方法

iOS13とiPadOS13のリリースに伴い、AppleはiPhoneとiPadの両方で実行できる多数の新しいテキスト編集タップとジェスチャーを導入しました。これらのタップとジェスチャにより、テキストの選択、コピーと貼り付け、編集の取り消しとやり直し、画面上でのカーソルの移動などをすばやく簡単に行うことができます。

iphone
ただし、特にiOSでしばらくの間利用可能であったテキスト編集タップとジェスチャーのベテランである場合は、ある程度慣れが必要です。そのため、次のリストをまとめて、それらが第二の性質になるまでそれらを理解できるようにしました。完全な要約を読み続けてください。

編集ウィンドウ内でカーソルを移動する方法

カーソルの移動は、以前のバージョンのiOSと同じように機能しますが、Appleはその動作を改善するためにカーソルを微調整しました。たとえば、行や単語間を移動するときに、行にスナップしたり、単語間を移動したりするのがはるかに優れています。また、カーソルを長押しすると、画面上でカーソルが大きくなり、見やすくなります。仕組みは次のとおりです。

文章

  1. それをサポートするアプリでテキストの入力を開始します。
  2. カーソルが大きくなるまでカーソルを押し続けます。
  3. カーソルを目的の場所にドラッグします。
  4. 画面から指を離します。

仮想トラックパッドでカーソルを移動する方法

オンスクリーンキーボードを仮想トラックパッドに変えることができます。これにより、ディスプレイから指を離すことなく、テキスト内でカーソルをすばやく移動できます。これがデバイスでどのように機能するかは、3D Touch( iPhone 6秒以降) 触覚タッチ (‌ iPhone‌ XR、 iPhone 11 、&​​zwnj; iPhone 11‌プロ、そして iPhone 11 Pro Max )または長押し(すべて iPad モデル)。

iPhone11の仮想トラックパッド

  1. ‌ iPad‌または‌ Haptic Touch‌デバイス、スペースバーを押し続けます。 ‌ 3D Touch‌を搭載したデバイスでは、キーボードの任意の場所を押し続けます。
  2. 空白のキーボードの上に指をドラッグして、テキスト内のカーソルを目的の場所に移動します。

‌ iPad‌では、2本の指でキーボードに触れ、指を動かしてカーソルを移動することもできます。

iPhoneでGoogleをデフォルトのブラウザとして設定する方法

テキストの選択方法

以下に説明する方法のいずれかを使用してテキストを選択すると、コンテキスト編集メニューが選択範囲の上に表示され、切り取り、コピー、貼り付け、および書式設定、検索、共有、その他のオプションにすばやくアクセスできます。使用しているアプリ。

文章

  • 単語を選択するには、 ダブルタップ それ。または、触覚フィードバックを感じるまでタップして押し続けます。

文章

    トリプルタップ文中の任意の単語と文全体が選択されます。

文章

    四重タップそれが表示される段落を選択するための単語。

インテリジェントセレクションの使い方

インテリジェントな選択は、テキストの編集中に電話番号、住所、または電子メールアドレスをすばやく選択できる新機能です。単にテキストを表示している場合、この機能は機能しないことに注意してください。インテリジェントな選択を利用するには、編集アプリを使用している必要があります。

文章
単に ダブルタップ 連絡先情報のどこでも、一度にすべてを選択できます。インテリジェント選択は1行に制限されているため、アドレスがハードリターンを使用して2行以上を超える場合、タップした行のみが選択されることに注意してください。 (注:例のアドレスは、で実行される1行です。)

テキストの選択を調整する方法

単語または文を選択したら、両端のアンカーポイントを使用して選択を調整できます。

文章
左または右のアンカーポイントを指で押したままドラッグして、選択範囲を拡大または縮小します。

ジェスチャーを使用して切り取り、コピー、貼り付けする方法

iOS 12以前では、テキストを選択してから、コンテキスト編集メニューバーを使用してテキストを切り取り、コピー、または貼り付ける必要がありました。 iOS 13では、代わりにジェスチャーを使用できます。まず、テキストを選択してから、次のいずれかを実行します。

  1. コピーする、 3本の指でつまむ
    文章

  2. 切り取るには、テキストが消えてクリップボードから貼り付ける準備ができるまで、コピージェスチャを2回実行します。
  3. コピーまたは切り取ったテキストを貼り付けるには、 3本の指でつまむ テキストが再び表示されるまで。
    文章

クリップボードバーの表示方法

上記のカット、コピー、または貼り付けジェスチャのいずれかを実行すると、メニューバーが短時間表示されることに気づきましたか?これがクリップボードバーで、テキストの切り取り、コピー、貼り付け、編集の取り消しとやり直しを行う別の方法を提供します。

文章
テキストを編集するときは、いつでもクリップボードバーを表示できます。テキストを選択してから、 3本の指で画面を長押しします

ジェスチャーを使用して編集を元に戻したりやり直したりする方法

  1. テキスト編集モードになっていることを確認してください(物理キーボードが接続されていない限り、オンスクリーンキーボードが表示されます)。
    文章

  2. 編集を元に戻すには、 3本の指で左にスワイプします 編集エリア全体。
  3. 編集をやり直すには、 3本の指で右にスワイプ 編集エリア全体。

テキストをより速くスクロールする方法

ドキュメントやスレッド化された電子メールなどの特に長いテキストを編集している場合は、スクロールバーを直接つかむことで、はるかに高速にスクロールできます。

文章
スクロールバーが表示されたら、指で押したまま画面の端を上下に動かして、テキスト内をすばやく移動します。