ハウツー

iOS12で自動強力パスワードとパスワード監査を使用する方法

iOS 12では、Appleは、iPhoneおよびiPadユーザーがアプリおよびWebサイトのログイン用に強力で安全かつ一意のパスワードを簡単に作成できるように設計された新しいパスワード関連機能を導入しました。このガイドでは、これらの機能の2つである自動強力パスワードとパスワード監査の使用方法を説明します。

icloudキーチェーン
自動の強力なパスワードにより、Webサイトまたはアプリからその場でパスワードを作成するように求められた場合、Appleは自動的に安全なパスワードの生成を提案します。一方、パスワード監査は、弱いパスワードにフラグを立て、パスワードが別のアカウントのログイン資格情報に再利用されているかどうかを通知します。 2つの機能の使用方法は次のとおりです。

iOS12で自動強力パスワードを使用する方法

  1. Safariを起動して、新しいログインクレデンシャルを作成するように求めるサイトに移動するか、新しいアカウントにサインアップするように求めるサードパーティのアプリを起動します。
  2. 最初のフィールドにユーザー名またはメールアドレスを入力します。
  3. [パスワード]フィールドをタップします–iOSは強力なパスワードを生成します。
    iOS12の自動強力パスワード

  4. タップ 強力なパスワードを使用する パスワードの提案を受け入れて、iCloudキーチェーンに保存します。

プロタイプ: 次回パスワードが必要になったときは、Siriに問い合わせることができます。たとえば、「Siri、私のBBCパスワードを見せて」と言うことができます。その後、Siriは関連するエントリでiCloudキーチェーンを開きますが、指紋、Face IDスキャン、またはパスコードでIDを認証した後でのみです。

iOS12で再利用されたパスワードを識別する方法

  1. iPhoneまたはiPadで設定アプリを起動します。
  2. タップ パスワードとアカウント
    iOS12パスワード監査1

  3. Touch ID、Face ID、またはパスコードを介して認証します。
  4. パスワードのリストを下にスクロールし、三角形の警告記号が付いたエントリをタップします。
    iOS12パスワード監査2

  5. タップ ウェブサイトでパスワードを変更する 関連するWebサイトを開き、変更を加えます。

最後の画面には、同じパスワードを使用した他のWebサイトが表示されることに注意してください。

プロタイプ: AirDropを介してiOSパスワードマネージャーから直接他の人とパスワードを共有することができます。パスワードフィールドをタップするだけで、AirDropのオプションが表示されます。ログインは、iOS12またはmacOSMojaveを実行している任意のデバイスにAirDroppedできます。