アップルニュース

WebでAppleMusicを聴く方法

Appleはまだ公式のオンラインWebプレーヤーを提供していません Apple Music 、しかし、iTunesがインストールされていないコンピュータ(たとえば、オフィスのPC)でストリーミングサービスを楽しみたい場合は、別の解決策があります。

AppleMusic用のmushishWebプレーヤー
それは呼ばれています ' Musish 、 '‌ Apple Music‌用の無料のサードパーティWebプレーヤーソフトウェアエンジニアのBrychanBennett-Odlumと彼のチーム、RaphaëlVigée、James Jarvis、FilipGrebowskiによって作成されたサブスクライバー。

‌ Apple Music‌を再生するにはMusishを介したWebでは、を使用してサインインする必要があります Apple ID 。アカウントのセキュリティが心配な場合は、気にしないでください-サインインはApple.comドメインの下の別のウィンドウで処理され、Musishはユーザー情報を要求したり、ログインしたり、アクセスしたりしません。

AppleMusicサインイン用のmushishWebプレーヤー
サインインすると、通常の‌ Apple Music‌が表示されます。 Musishインターフェイスの左上隅にあるタブ:For You、Browse、Radio、およびMyLibrary。ただし、一部のカテゴリは、ネイティブのiOSミュージックアプリやiTunesにあるものと比較してスリム化されていることに注意してください。たとえば、友達のプロフィールなどのソーシャル機能は現在利用できず、ラジオ機能はまだありません。

AppleMusicインターフェース用のmushishWebプレーヤー1
とは言うものの、[For You]タブには、最近再生した曲、頻繁にローテーションするアルバム、パーソナライズされたミックス、その日のプレイリスト、アルバム、新しいリリースなど、忙しくするための機能がたくさんあります。

AppleMusicインターフェース2用のmushishWebプレーヤー
同様に、[参照]セクションには、トップソング、毎日のトップ100プレイリスト、トッププレイリスト、トップアルバム、およびジャンルタブが含まれます。特定の何かを検索している場合は、サイトの右上の検索バーを使用することもできます。この検索バーは、すべてのタブで開いたままです。

AppleMusicインターフェース3用のmushishWebプレーヤー
音楽を再生するには、アルバム/プレイリストをクリックしてから、[再生]、[シャッフル]の順にクリックするか、特定の曲を選択します。画面の左下に再生コントロールが表示され、音量を調整したり、リピートをオンにしたり、シャッフルをオンにしたり、歌詞をチェックしたり、次に何をするかを選択したりできます。

Musishの背後にあるチームは、積極的にWebプレーヤーを開発しており、モバイル互換性、ダークモード、およびより多くの人が集まるブラウズセクションを間もなく提供することを望んでいます。 Musishが気に入った場合は、プロジェクトに関するフィードバックや機能の提案を検討してください。 GitHubページ