アップルニュース

「ブラックドット」UnicodeバグクラッシュiMessageを修正する方法

2018年5月9日水曜日午前8時32分PDTby Joe Rossignol

AndroidのWhatsAppからiOSのiMessageまで、アプリやオペレーティングシステムをクラッシュさせる可能性のあるさらに別のUnicodeバグが発見されました。正確な文字列は、それ以上広がらないように共有しませんが、黒い点(⚫️)と左向き(👈)の絵文字とその他の非表示の文字が含まれています。



iMessageユニコードのバグ
簡単に言えば、この特定のUnicode文字列は適切にレンダリングできず、システムがクラッシュする原因になります。一般に、バグがiMessageに影響する場合、問題のあるメッセージを含む会話を削除することで問題を解決できます。次の手順は、iPhoneSEを除くiPhone6s以降で機能します。

  • 強制終了 メッセージアプリ。





  • Siriに聞く メッセージの送信者に返信を送信して、Unicode文字列が会話の最新のバブルではなくなるようにします。

  • 3D Touch ホーム画面のメッセージアプリアイコンで、ポップアップ表示されるメニューの[新しいメッセージ]をタップします。

  • [新しいメッセージ]画面の右上隅にある[キャンセル]をタップします。

  • 会話リストの左上隅にある[編集]をタップします。

  • 問題のあるメッセージを含む会話の左側にある円をタップします。青いチェックマークが表示されます。

  • 右下の[削除]をタップします。

Siriを搭載しているが3DTouchを搭載していないiPhone(iPhone4sからiPhone6 Plus、iPhone SEまで)をお持ちの場合、手順は少し異なります。

  • 強制終了 メッセージアプリ。

  • Siriに聞く Unicode文字列を含むバブルが会話の表示部分からぶつかるまで、メッセージの送信者に必要な回数だけ返信を送信します。

  • メッセージアプリを開きます。

  • 左上隅にある戻る矢印をタップして、会話リストに戻ります。

  • 会話リストの左上隅にある[編集]をタップします。

  • 問題のあるメッセージを含む会話の左側にある円をタップします。青いチェックマークが表示されます。

  • 右下の[削除]をタップします。

iOS11.4またはmacOS10.13.5ベータ版を実行している別のデバイスの問題のあるメッセージをiCloudのメッセージを介して削除することも可能です。

この最新のUnicodeバグは先週発見されましたが、いくつかの人気のあるYouTubeチャンネルで取り上げられた後、Appleコミュニティで広く注目され始めたばかりです。リンクを提供しないことを選択しましたが、特定の文字列は興味のある人のために簡単にGoogleで使用できます。

このバグは、iOS11.3とiOS11.4の両方のベータ版、および他の多くのソフトウェアバージョン、プラットフォーム、デバイスに影響します。 Appleはまだ修正を発行していないが、問題に対処するためのソフトウェアアップデートをまもなくリリースする可能性が高い。

タグ:iMessage、Unicode