ハウツー

iPhoneでTouchIDとFaceIDを慎重に無効にする方法

iOS 11には、隠された機能を備えた緊急SOS機能が組み込まれています。これにより、Touch IDが自動的に無効になり、iPhoneのロックを解除するためにパスコードを入力する必要があります。

基本的にデバイスの生体認証をシャットダウンするため、警察官や悪意のある人物に指紋でiPhoneのロックを解除するよう強制することはできません。また、緊急時に意識を失った場合に指紋を使用してデバイスに侵入することもできません。 。 iPhone Xでは、これはFaceIDにも適用されます。

緊急SOSはデフォルトで有効になっており、アクティブにする手順は1つだけです。iPhoneのスリープ/スリープ解除(サイド)ボタンを5回続けて押します。 iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusでは、サイドボタンをすばやく5回押す代わりに、サイドボタンと音量ボタンの1つを同時に押し続けます。これは基本的に、デバイスのいずれかの側ですばやく握ることです。

disabletouchidios11
これらのジェスチャーにより、iPhoneの電源をオフにする、緊急サービスに電話をかける、または医療IDにアクセスするオプションを提供する画面が開始されます。

明確に述べられていませんが、iPhoneがこの緊急状態になると、TouchIDは無効になります。ただし、ホーム画面に戻るにはキャンセルボタンを押す必要があるため、完全に秘密のプロセスではありません。

緊急SOSを使用してロック画面を無効にし、スリープ/スリープ解除ボタンが押されたときに911を自動的に呼び出すように機能を設定したくない場合は、設定アプリで自動通話を無効にしてください。方法は次のとおりです。

  1. 設定アプリを開きます。
  2. [緊急SOS]まで下にスクロールします。
  3. 自動通話を無効にします。

自動通話を無効にした状態で、スリープ/スリープ解除を押すと、前述の画面が表示され、スライドして緊急電話をかけることができます。自動通話を有効にすると、5秒のカウントダウンタイマーに続いて、スリープ/スリープ解除ボタンを5回押すと、緊急サービスが自動的に呼び出されます。

危険にさらされた場合に緊急サービスにすぐに連絡できるようにしたい場合は、自動通話をオンのままにしておくことをお勧めします。

この機能は、無力化される可能性のある状況でiPhoneを安全に保つために構築された可能性がありますが、当局の人物がデバイスのロックを解除するように強制するのを防ぐこともできます。

これは、被告がパスコードではなく指紋を提供することを強制されたという法的判決があったため、注目に値します。ほとんどの人はTouchIDを無効にする必要はありませんが、必要な状況が発生した場合にオプションがあることを知っておく価値があります。

タグ:Touch ID、Face ID関連フォーラム: iOS 11