アップルニュース

新しいOnePlus6Tの画面内指紋テクノロジーの実践

2018年11月9日金曜日午後2時2分PSTby Juli Clover

iPhone Xが発売される前に、Appleがデバイスのディスプレイの下にTouch IDを実装し、指紋センサーを維持しながら端から端までのディスプレイを可能にすることで、ホームボタンを廃止するという噂がありました。





それは結局は起こらず、Appleは最終的にTouchIDをFaceIDに置き換えましたが、それ以来、他社はディスプレイ内の指紋認識技術を実装しています。


OnePlusは最近、画面内の指紋認識技術を使用する、米国で最初の市販のスマートフォンの1つである新しいOnePlus6Tを発表しました。新しいスマートフォンの1つを手に入れて、AppleがFaceIDの実装で何かを見逃していないかどうかを確認することができました。





指紋センサーが顔認識よりも優れている場合があります。たとえば、Face IDは、ベッドに横になって電話を横向きにした場合や、iPhoneが机の上に平らに置かれている場合にはうまく機能しません。指紋センサーを使用すれば、これらは問題になりません。

ただし、指紋センサーには独自の問題があり、OnePlus 6Tで発見したように、ディスプレイ内の指紋テクノロジーは思ったほど優れていません。 OnePlusの実装は遅く、不正確であり、FaceIDと比較して大きな欠点です。

OnePlus 6Tでは、指紋が認識されるように、ディスプレイの指定された場所に指を置く必要があります。また、指紋を読み取る前に、長時間そこに指を置く必要がある場合もあります。 TouchIDとFaceIDはどちらもほぼ瞬時にロック解除されるため、OnePlus6Tで待つことで大きな違いが生まれます。

iPhoneからビデオを削除する方法

Appleがインディスプレイ指紋技術を追求していたら、その実装はOnePlusが提供したものよりも優れていた可能性があり、OnePlusが使用している技術がソフトウェアの更新や将来の反復で改善される可能性はまだありますが、Appleがそれをより良くしました。

AppleはFaceIDに全面的に取り組んでおり、現在は最新のiPhoneとiPadの両方に搭載されており、Face IDを追求することを決定した後は、画面内や背面向きのTouchIDなどの他のソリューションは検討されていないと同社は述べています。

AppleのFaceIDテクノロジーはまだ非常に進歩しているため、OnePlusを含め、他のどの会社もまだそれに匹敵することができていません。そして、インディスプレイ技術にはまだ道があり、Appleの主要な競合他社のほとんどは、端から端までのディスプレイを実現する方法として、代わりに背面向きの指紋センサーを選択しているようです。

Touch IDが恋しくて、Appleがインディスプレイ指紋センサーに取り組んでいたらいいのにと思いますか、それともFace IDを好みますか?コメントで教えてください。

タグ:Touch ID、OnePlus、Face ID