アップルニュース

Googleは、iOS15の今後の組み込みコードジェネレーターに先駆けて認証システムアプリを更新します

2021年6月24日木曜日午前2時38分PDTby Tim Hardwick

GoogleはiOS用の2FAAuthenticatorアプリを更新し、ユーザーが2要素アカウント認証コードを表示する前にFaceIDまたはTouchIDを要求できる新しいプライバシー機能を追加しました。





Google認証システムアプリ
以前は、指紋または顔の認証は、アカウントをエクスポートするときにのみ必要でした。ただし、アプリのv3.2.0でGoogleのプライバシー画面機能を有効にすると、Face IDまたは‌ Touch ID‌新しく生成されたコードを表示するために必要です。

認証要件は、すぐに、10秒後、1分後、または10分後に表示されるように設定できます。さらに、Googleは、ユーザーがアカウントを検索できるように、アプリインターフェースの上部に検索バーを追加しました。





iPhoneでダークモードをオフにする方法

Google認証システムの前回の更新 紹介された ダークモードと前述のアカウント転送機能。ただし、最新の改善点は、今月初めのニュースに続いて、多くのAppleデバイスユーザーが冗長性に集中していると見なす可能性があります。 iOS 15 意思 組み込みのパスワード認証システムを含める

それだけの価値のあるmacbookairのapplecare

Appleが‌ iOS 15‌をリリースしたとき秋に、 iPhoneiPad ユーザーは、追加のサインインセキュリティのために2FA検証コードをネイティブに生成できるため、別のアプリは必要ありません。

Appleによれば、設定アプリの[パスワード]で確認コードを設定できるようになります。また、一度設定すると、サイトにサインインしたときにコードが自動入力されるため、2要素認証を使用すると、サードパーティの方法を使用するよりも合理化されたエクスペリエンスになります。この機能は、‌‌ iOS 15‌ ‌で利用可能になります。 iPad 15 、 と macOSモントレー

タグ:Google、2要素認証