アップルニュース

iOS用GarageBandがダークモード、外付けハードドライブをサポート

iPhoneおよびiPad用に設計されたAppleの音楽作成アプリであるGarageBandは、本日バージョン2.3.8に更新され、iOS13機能のサポートが導入されました。





アプリは現在、 ダークモード 、およびGarageBandにはすでに暗いインターフェイスがあったため、ライトモードで使用すると新しい明るいインターフェイス要素があります。

ガレージバンド
GarageBandは、ファイルアプリを介した外付けハードドライブ、SDカードリーダー、およびUSBドライブからのファイルへのアクセスもサポートするようになりました。





これらのiOS13機能に加えて、GarageBandは、テンポとキーの変更を行う際のApple Loopsのオーディオ忠実度を改善し、350を超えるヒップホップループと6つのドラムキットのコレクションを備えた新しいダウンロード可能な「SkylineHeat」サウンドパックを備えています。リリースノートは以下のとおりです。

-iOS13でのダークモードと新しい共有シートのサポート
-外付けハードドライブ、SDカードリーダー、およびUSBドライブからファイルにアクセスします
-テンポとキーを変更するときのAppleLoopsのオーディオ忠実度を向上させます
-350以上の新しいヒップホップループと6つのドラムキットのコレクションを備えた新しいダウンロード可能な「SkylineHeat」サウンドパック

GarageBandは、AppStoreから無料でダウンロードできます。 [ 直接リンク ]