アップルニュース

AppleWatchの低電力LTPOディスプレイテクノロジーの採用が期待される将来のiPhone

2019年10月25日金曜日午後1時7分PDTby Joe Rossignol

韓国のウェブサイトによると、Appleは将来のiPhoneにLTPOと呼ばれる低電力バックプレーン技術を使用することを計画しています エレク 。バックプレーンは、ディスプレイ上の個々のピクセルのオンとオフを切り替える役割を果たします。

シリーズ5ltpo
レポートから:

一方、Appleは、LTPOパネルをiPhoneにさらに広く適用するように動いています。これは、中小規模のOLEDセクターで技術力と生産能力の両方の点で独自の地位を維持しているSamsungDisplayと連携する方法を見つける必要があることを意味します。

LTPO(低温多結晶酸化物)は、Appleが現在使用しているバックプレーンテクノロジーであるLTPS(低温ポリシリコン)よりも最大15%少ない電力を使用する酸化物TFT構造を備えています。当然、それは将来のiPhoneのバッテリー寿命の延長に貢献する可能性があります。

Apple Watch Series4およびSeries5モデルは、すでにLTPOディスプレイを備えています。 Appleのウェブサイトによると、このテクノロジーにより、シリーズ5モデルは、常時オンのディスプレイを備えているにもかかわらず、シリーズ4モデルと同じ最大18時間のバッテリー寿命を持つことができます。

低温ポリシリコンおよび酸化物ディスプレイは、時計が非アクティブのときに画面のリフレッシュレートを60Hzから電力消費1Hzに下げることができる、再発明されたピクセルアーキテクチャを備えています。新しい低電力ドライバー、超効率的な電力管理、および新しい環境光センサーが連携して動作するため、ディスプレイは最大18時間のバッテリー寿命で常にオンになります。

AppleのOLEDへの移行は、2015年のオリジナルのApple Watchから始まり、その後、 iPhone Xは2017年なので、LTPOがWatchから‌ iPhone‌に拡張されても驚くことではありません。早くも来年。

関連するまとめ: iPhone 12