アップルニュース

iOS 13 Beta 2のすべての新機能:SMBサーバー接続、メモチェックリストの変更、新しいAnimojiステッカーなど

2019年6月17日月曜日午後1時25分PDTby Juli Clover

Appleは今朝、開発者向けに2番目のiOS 13ベータ版をリリースし、バグに対処し、新しいバグを導入し、iOS13の機能を追加および改良しました。

アップルは2021年に新しいエアポッドで発売されます

iOS 13の2番目のベータ版には非常にエキサイティングな新しい変更はありませんが、最初のベータ版では機能していなかったいくつかの機能が現在機能しています。これまでに見つかったすべての変更は次のとおりです。

- SMBサーバー接続 -iOS 13の新機能の1つは、SMBを使用してサーバーに接続するためのファイルアプリのオプションです。この機能は最初のベータ版では機能していませんでしたが、ベータ2では機能するため、iOS13ユーザーはホームNASに接続するなどのことができます。

filesconnecttoserver
- ファイル内のAPFSドライブ -APFSフォーマットのドライブがファイルアプリでサポートされるようになりました。

- ダウンタイム -Appleのリリースノートによると、ScreenTimeのダウンタイム機能がAppleWatchと同期するようになりました。

- Safariシェアシート -Safari共有シートからWebページを共有する場合、PDFまたはWebアーカイブとして共有するための新しいオプションがあります。各アプリまたはアクションに最適な形式を選択する「自動」オプションもあります。

newsafarishareoptions
- ノートチェックリスト -iOS 13ベータ2には、リスト内のチェックされたアイテムをリストの一番下に自動的に移動する新しいオプションがあります。これは設定で調整するか、ベータ2に更新した後にリストを最初に作成したときに表示されるポップアップを使用できます。

notessortcheckeditems
- マップスプラッシュ画面 -マップアプリを初めて開くと、アップデートのすべての新機能を知らせるスプラッシュ画面が表示されます。

ios13mapssplashscreen
- 新しいアニモジステッカー -新しいポーズを特徴とするiOS13ベータ2で利用可能な新しいAnimojiステッカーがあります。

ios13b2newanimojistickers
- ハイキーモノ照明 -新しいハイキーモノポートレートモード照明オプションは、2018iPhoneのベータ2で利用できます。

- ポートレートモード照明スライダー -ポートレートモードの照明オプションの強度を調整できるスライダーが利用可能になりました。

- HomePodApple TV 特徴 -ベータ2でホームアプリを開くと、‌ HomePod‌でのマルチユーザー認識について知らせる新しいスプラッシュ画面があります。および‌ Apple TV‌のプロファイル。 Heyを設定するように指示されます シリア まだアクティブ化されておらず、プロファイルを‌ Apple TV‌に追加するように求められた場合。

appletvhomepodios13
音声制御 -音声制御アクセシビリティ機能がオンになっている場合、デバイスの上部に青いマイクアイコンがあり、iOSデバイスが音声制御モードになっていることを示します。

CarPlay -‌ CarPlay‌のNowPlayingセクションベータ2のアルバムアートを備えています。

ベータ版をインストールする前に開発者が知っておくべき既知の問題は他にもたくさんあります。これらはすべて、開発者のWebサイトでソフトウェアに付属しているリリースノートから入手できます。

iOS 13ベータ2とiPadOSベータ2は元のベータよりも安定しているとの報告がありますが、バグが残っており、Appleはソフトウェアをメインデバイスにインストールしないように警告しています。