アップルニュース

ボノはスティーブ・ジョブズとの戦いを(製品)REDブランディングで語り、アップルにもっとや​​ることを促す

2014年6月23日月曜日11:55 am PDT by Juli Clover

週末には、AppleのチーフデザイナーであるJonyIveとミュージシャンのBonoが出席しました。 カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバル 、ボノはエイズとの闘いのために資金を調達するための(製品)REDキャンペーンでの彼の仕事に対してLionHeart賞を受賞しました。



ジョナサン での彼のインタビュー中のアイブ カンヌライオンズフェスティバル
出演中、アイブとボノは45分間のインタビューに腰を下ろした。インタビュー全体はまだ共有されていませんが、カンヌは短いハイライトリールを投稿し、ビデオの最初の2分間はボノを特集しています。その場で、Bonoは、(Product)REDでSteve Jobsと協力し、(Product)REDの名前ロゴの一部である括弧内でJobsとの特定の会話について説明します。

Jobsは当初、「ロゴの邪魔にならないように」かっこを使わないようにしたかったのですが、Bonoとの意見の不一致としばらく寝た後、かっこを譲りましたが、AppleStoreにはありませんでした。






によって説明されているように アドウィーク 、IveとBonoは古くからの友人であり、Appleは長年(RED)と協力してきましたが、Bonoはステージ上で、Appleがプロジェクトに静かに関与していることと、同社が製品に(RED)ブランドを付けることに消極的であることについて不満を述べました。

ボノは立ち上がって、公式の(赤の)iPadカバーを引き出し、デバイスを取り外しました。これは、非営利団体への実際のうなずきはカバーの内側だけであり、したがって常にタブレットによって隠されていることを聴衆に示しました。

「(赤の)ブランドはどこにありますか?」彼はアイブに尋ねた。 「誰もそれを見ることができません。これは謙虚な実行アモックです。これがAppleのやり方です。彼らは宗教的なカルトのようなものです。」

私は、AppleとProduct(RED)が強力な提携関係にあることを指摘し、Bonoのわずかな問題に動じないように見えました。 「私たちは2006年に1つの(RED)製品であるnanoから始めましたが、今では5ダースをはるかに超えています。それは私たちにとって本当に、本当に特別なことでした。」

Appleと(RED)とのパートナーシップの過程で、同社は(RED)iPod nanoとシャッフル、iPad Smart Covers、iPhone Bumpers、iPhone 5sケースをリリースし、各販売の一部は直接慈善団体に送られました。

昨年、IveはデザインされたMarc Newsonと協力して、サザビーズによって競売にかけられた複数のユニークな製品を作成し、収益は(RED)に送られました。純金のEarPodsや赤いMacProなどのさまざまなアイテムがオークションにかけられ、約1,300万ドルが落札されました。

現在までに、Appleは(Product)REDのために約7000万ドルを調達し、その資金の100%がアフリカのHIV / AIDSプログラムに使われています。完全なインタビューは将来カンヌによって共有されるかもしれませんが、その間に、 Storifyで作成されたスライドショー イベントのハイライトを提供します。

注:このトピックに関するディスカッションは政治的な性質があるため、ディスカッションスレッドは 政治、宗教、社会問題 フォーラム。すべてのフォーラムメンバーとサイト訪問者はスレッドを読んでフォローすることができますが、投稿は少なくとも100件の投稿があるフォーラムメンバーに制限されています。