アップルニュース

ブルームバーグ:2021年までにFaceIDとTouchIDの両方が表示されたApplePlanning iPhone

2019年9月5日木曜日午前6時31分PDTby Joe Rossignol

によると、Appleは将来のiPhone用のインディスプレイ指紋スキャナーを開発しています ブルームバーグ のマーク・ガーマンとデビー・ウー。

タッチIDとフェイスID
レポートは、Appleが2020年にインディスプレイスキャナーを含めることを検討していると主張しています iPhone テストは成功したが、2021年まで技術の準備ができていない可能性があると付け加えた。これは、Appleの著名なアナリストであるMing​​-ChiKuo氏の予測と一致している。 2021年にFaceIDとインディスプレイTouchIDの両方を備えたiPhone

今後の指紋リーダーはディスプレイに埋め込まれ、ユーザーは‌ iPhone‌のロックを解除できるようになります。画面のほぼどこにでも指を置くことで、既存のFaceIDシステムを置き換えるのではなく補完します。これにより、ユーザーは2つの生体認証オプションを利用できるようになります。

FaceIDとTouchIDにはそれぞれ弱点があります。たとえば、‌ iPhone‌の場合にFaceIDがうまく機能しないなどです。テーブルの上に平らに置いている、または‌ Touch ID‌濡れた指で友好的に遊んでいない。両方のシステムで、ユーザーは、特定の状況でより優れた認証オプションを使用して、両方の長所を活用できます。

サムスンを含むいくつかの主要なAndroidスマートフォンメーカーは、過去数年にわたって画面内指紋スキャナーを採用しています。

Appleは、最初の低価格の‌ iPhone‌にも取り組んでいます。以来 iPhone SE 、によると、2020年の前半に早くも発売される可能性があります ブルームバーグ 。 NS 日経 今週初めに報告されたこのデバイスは、4.7インチのディスプレイと‌ Touch ID‌を含め、iPhone8に似ていると言われています。ホームボタン。

‌ iPhone‌ 8は現在599ドル以上で販売されていますが、‌ iPhone SE‌ 399ドルから始まりましたが、後で349ドルに割引されました。

関連するまとめ: iPhone SE 2020iPhone 12 タグ:bloomberg.com、Touch ID、Face ID、Mark Gurmanバイヤーズガイド: iPhone SE(注意) 関連フォーラム: iPhone