アップルニュース

Base 201913インチMacBookProは、ベンチマークで前世代よりも最大83%高速です

2019年7月11日木曜日午前10時14分PDTby Joe Rossignol

今週のアップル エントリーレベルの13インチMacBookProをアップデート タッチバーとIntelの最新の第8世代Coreクアッドコアプロセッサを搭載し、2019モデルのベンチマークが表面化し始めています。

ベース13インチmacbookproタッチバー2019
Geekbench 4のスコアは、第8世代の1.4GHzクアッドコアCore i5プロセッサを搭載したベース2019モデルで、ベース2017と比較してシングルコアパフォーマンスが最大6.8%向上し、マルチコアパフォーマンスが最大83.4%高速であることを示しています。第7世代の2.3GHzデュアルコアCorei5プロセッサーを搭載したモデル。

具体的には、2019モデルの平均シングルコアスコアとマルチコアスコアはそれぞれ4,639と16,665です。 8つのGeekbenchの結果に基づく 、2017年モデル シングルコアの平均は4,341、マルチコアの平均は9,084です。

geekbenchの結果2019ベース13インチmacbookpro
新しいエントリーレベルの13インチMacBookProは、Intelの Core i5-8257U プロセッサ。これは、Apple用に設計されたCorei5-8250Uプロセッサのカスタムバリエーションのようです。 15WチップはCoffeeLakeファミリーの一部であり、最大3.9GHzのターボブースト周波数を備えています。

ノートブックは、第8世代の1.7GHzクアッドコアCorei7プロセッサーにアップグレードすることもできます。この構成では、Intelの Core i7-8557U 、同様に、Core i7-8550Uプロセッサのカスタムバリエーションであると考えられており、TDPは15W、最大ターボブースト周波数は最大4.5GHzです。

それだけ 1つのGeekbench結果 これまでのところ、1.7GHz構成で利用可能であり、シングルコアとマルチコアのスコアはそれぞれ4,835と15,515です。より多くの結果が得られるため、ここにはばらつきの余地がありますが、これは、同等の2017モデルと比較して最大約60%のパフォーマンスの向上になります。

Appleは、新しいエントリーレベルの13インチMacBookProを「 2倍強力 '前世代より。ベンチマークは最大83%でこれに近づきますが、実際の使用におけるパフォーマンスは異なります。

Appleは2018年にエントリーレベルの13インチMacBookProをアップデートしなかったため、2017年モデルが前世代の比較として機能します。

関連するまとめ: 13フィートMacBookPro タグ:Geekbench、ベンチマークバイヤーズガイド: 13フィートMacBookPro(注意) 関連フォーラム: MacBook Pro