アップルニュース

バークレイズ:iPhone 12ProとProMaxには6GBのRAMが搭載される可能性が高く、iPhone SE2の生産は2月に開始されます

2019年11月22日金曜日午前6時12分PSTby Joe Rossignol

バークレイズのアナリスト、ブレーン・カーティスと彼の仲間は最近、アップルのサプライチェーン内のメーカーと会うためにアジアを訪れ、今日、彼らは収集した情報に基づいて2020年のiPhoneへの期待を共有しました。

ケース内のエアポッドを追跡できますか

Eternalが閲覧したリサーチノートの中で、バークレイズのアナリストは、iPhone 12ProとiPhone12 Pro Maxには、iPhone 11ProとiPhone11 ProMaxの4GBから6GBのRAMが搭載される可能性が高いと述べています。彼らはまた、両方のモデルが 後ろ向きの3Dセンシング機能 高性能5Gのミリ波サポート。

iphone 11 pro select2019ファミリー
ベースモデルのiPhone12は、iPhone11と同等の4GBのRAMを搭載していると予想されます。iPhone12も5G対応であると予想されますが、アナリストは、デバイスがミリ波、サブ6GHz、またはその両方をサポートするかどうかを示していません。

最後に、アナリストは、いわゆる「iPhone SE 2」がまだパイプラインにあり、生産は2月に開始されるように設定されていることを示しました。低コストのデバイスは iPhone8に似ていると予想されます 、4.7インチのディスプレイとTouch IDのホームボタンを含みますが、より高速なA13チップと3GBのRAMを搭載しています。

iPhone 12モデルは通常通り9月に発売される可能性がありますが、新しい低価格のiPhoneは3月頃に発売される予定です。

バークレイズは、大部分が信頼できる情報源であることが証明されています。

関連するまとめ: iPhone SE 2020