アップルニュース

Appleのサービス収益は2019年第2四半期に過去最高の115億ドルに達する

iTunes、App Store、Mac AppStoreを含むAppleのサービスカテゴリ Apple MusicApple Pay 、 と AppleCare 、停滞する中、Appleにとってますます重要な収益ドライバーになっています iPhone セールス、そしてアップルはこれまで以上にそのサービスカテゴリに焦点を当ててきました。

2019年の第2四半期に、Appleのサービスセグメントは、2018年の第2四半期に獲得した99億ドルのサービスから、115億ドルの収益をもたらしました。Appleは、この四半期のサービス収益で過去最高を記録しました。

appleservices
Appleは、‌ App Store‌、iCloud、‌ Apple Pay&zwnj ;、および‌ AppleCare‌の3月四半期の収益記録を更新しました。 ‌ Apple Pay‌ 30の市場で利用可能であり、年末までに40の市場で稼働する予定です。

Appleは現在、すべてのサービスで3億9000万の有料サブスクリプションを持っており、前四半期と比較して3000万増加しています。 2020年までに、Appleは2020年までに50万の有料サブスクリプションを通過すると予想しています。

Appleは3月に、サービスの収益を将来さらに高める多くの新しいサービスを発表しました。 アップルニュース +、200以上の雑誌への無制限のアクセスを提供する月額$ 9.99のサービスがすでに開始されており、今年後半にAppleが導入します アップルアーケード 、&​​zwnj; Apple News‌ +、および新しい Apple Card クレジットカード。

Appleは、2020年までに四半期あたり140億ドルのサービス収益を達成することを目指していると述べており、同社はその目標を達成するために順調に進んでいます。