アップルニュース

Apple Watch Series 4の落下検出機能は、65歳以上でない限りデフォルトでオフになっています

2018年9月23日日曜日午後7時32分PDTby Juli Clover

Apple Watch Series 4には、落下検出と呼ばれる新機能があります。これは、新しい次世代ジャイロスコープと加速度計を使用して落下を検出し、必要に応じて緊急サービスに連絡するオプションを提供します。

結局のところ、落下検出はほとんどのユーザーに対して無効になっており、手動で有効にする必要があります。によって発見されたAppleサポートドキュメント Redditユーザー 、Appleは、Apple WatchまたはHealthアプリで年齢を設定し、65歳以上の場合にのみ、FallDetectionが自動的にオンになると説明しています。

applewatchseries4falldetection
65歳未満で転倒検知を使用する場合は、AppleWatchアプリの緊急SOSセクションで有効にする必要があります。

Appleのサポートドキュメントでは、落下検出機能の他の側面についても説明しています。 Apple Watch Series 4は、落下検出を有効にして「重大な激しい落下」を検出すると、手首を軽くたたき、アラームを鳴らし、アラートを表示します。

画面に表示されるオプションから、「落ちたが大丈夫」、「落ちなかった」、「緊急SOS」のいずれかを選択して、緊急サービスに連絡できます。

Apple Watchは、あなたが移動していることを検出すると応答を待ちますが、約1分間動かない場合は、15秒間のカウントダウンを開始してから、自動的に緊急サービスに電話をかけ、設定されている緊急連絡先に警告します。 iPhoneのHealthアプリのMedicalIDで。

MacでiPadアプリを実行する方法

シリーズ4の転倒検出は、週末に複数のYouTubeチャンネルでテストされ、機能がどのように機能するか、アラートを発生させるために転倒がどれほど難しいかを確認しました。

泡やカーペットなどの柔らかい表面へのテスト落下は、落下検出機能をトリガーするようには見えませんでしたが、許容度の低い表面へのより硬い落下は、より適切に機能するように見えました。 YouTubeテスターは、秋ごとにこの機能をトリガーすることができませんでした。これは、ユーザーが注意する必要のある許容誤差があることを示唆しています。



Appleによれば、落下検出アルゴリズムを作成するために、何千人もの人々から一定期間にわたってデータを収集しました。このアルゴリズムは、手首を外した状態での前向きの落下と、手首を上にした状態での後ろ向きの滑りの両方をテストできます。

Appleは、サポートドキュメントで、Apple Watch Series 4がすべての落下を検出するわけではないことを警告し、誤検知が発生する可能性があるとも述べています。 「身体的に活動的であるほど、転倒のように見える可能性のある強い衝撃活動のために転倒検出をトリガーする可能性が高くなります」とドキュメントを読みます。

アクティブな成人の誤検知の可能性を考えると、ほとんどの人はこの機能を無効のままにしておくことをお勧めしますが、必要に応じてこの機能をオンにする方法を知っておくことをお勧めします。

関連するまとめ: Apple Watch Series 7 バイヤーズガイド: Apple Watch(今すぐ購入) 関連フォーラム: アップルウォッチ