アップルニュース

Appleは、Mac以外のAppStoreアプリ向けのmacOSCatalinaの公証要件を一時的に緩和します

今日の午後のアップル 開発者に思い出させる Mac AppStoreの外部で作成されたMacアプリの今後の公証要件について。





‌ Mac App Store‌の外部で配布されるアプリこの秋にリリースされる予定のmacOSCatalinaオペレーティングシステムで実行するには、Appleによって公証されている必要があります。

アップルマック公証
Appleによれば、開発者とMacユーザーの両方で移行を容易にするために、公証の前提条件は2020年1月まで調整されています。





開発者は、古いSDKを使用するアプリや、開発者IDで署名されていないコンポーネントを含めるなど、以前の特定の要件を満たさないアプリを公証することができるようになりました。

Appleには、その手当の完全なリストがあります 開発者のウェブサイト

これで、次のようなMacソフトウェアを公証できます。
-HardenedRuntime機能が有効になっていません。
-開発者IDで署名されていないコンポーネントがあります。
-コード署名署名に安全なタイムスタンプが含まれていません。
-古いSDKで構築されました。
-com.apple.security.get-taskを含みます-値がtrueの任意のバリエーションに設定されたエンタイトルメントを許可します。

Appleは、‌ Mac App Store‌の外部で開発者IDを使用して配布される新しいソフトウェアを要求してきました。 macOS Mojave10.14.5以降で実行するために公証されます。

Appleは、悪意のある有害なアプリからMacユーザーをさらに保護する方法として、macOSMojaveに公証を導入しました。

公証プロセスについては、Appleは信頼できる非‌ Mac App Store‌を提供しています。 macOSのGatekeeper機能が‌ Mac App Store‌以外をインストールできるようにするために必要な開発者IDを持つ開発者アプリ。

‌ Mac App Store‌を通じて配布されるアプリには、公証は必要ありません。公証の詳細については、 Appleの開発者サイトで見つかりました