アップルニュース

Appleは、顧客が2週間後に2要素認証を無効にできないように訴えた

2019年2月9日土曜日11:06 am PST by Joe Rossignol

ニューヨーク在住のジェイ・ブロドスキー氏は、アップルに対して軽薄な集団訴訟を提起し、2週間の猶予期間を超えて顧客に2要素認証を無効にさせないという同社のいわゆる「強制的」ポリシーは不便であり、さまざまな違反を犯していると主張しているカリフォルニア州の法律。

二要素アップル
苦情は、Brodskyと全国の何百万もの同様の立場にある消費者が、Appleの個人用デバイスの使用への干渉と、使用における個人的な時間の浪費の結果として、害を被り続けていると主張している。簡単なログインのための追加の時間。

サポートドキュメント 、Appleは、「最新バージョンのiOSおよびmacOSの特定の機能にはこの追加レベルのセキュリティが必要である」ため、2週間後に顧客が2要素認証をオフにできないようにすると述べています。

すでに2要素認証を使用している場合は、それをオフにすることはできなくなります。 iOSおよびmacOSの最新バージョンの特定の機能には、情報を保護するために設計されたこの追加レベルのセキュリティが必要です。最近アカウントを更新した場合は、2週間登録を解除できます。登録確認メールを開き、リンクをクリックするだけで、以前のセキュリティ設定に戻ります。これにより、アカウントの安全性が低下し、より高いセキュリティを必要とする機能を使用できなくなることに注意してください。

しかし、Appleが2015年9月頃にBrodskyの2要素認証を可能にするソフトウェアアップデートをリリースしたことを含め、苦情は疑わしい主張でいっぱいです。 Apple ID 彼の知識や同意なしに。実際、Appleはオプトインベースで2要素認証を提供しています。

Brodskyはまた、Appleデバイスの電源を入れるたびに2要素認証が必要であると主張していますが、これは誤りであり、セキュリティレイヤーは、実際には入力に数秒しかかからないのに、ログインプロセスにさらに2〜5分以上かかると主張しています。信頼できるデバイスからの確認コード。

苦情はさらに、セキュリティレイヤーを無効にするための2週間の期間があることを顧客に警告する「単一の最後の行」を含む2要素認証登録に関するAppleの確認メールが「不十分」であると主張しています。

アップルの2要素メール
Brodskyは、Appleが米国のコンピュータ犯罪取締法、カリフォルニア州のプライバシー侵害法、およびその他の法律に違反していると非難している。彼は、同様の立場にある他の人々に代わって、金銭的損害賠償と、Appleが「ユーザーが独自のロギングとセキュリティ手順を選択できないようにする」ことを妨げる判決を求めています。完全なドキュメントをお読みください。

タグ:訴訟、2要素認証