アップルニュース

Appleが著作権侵害の疑いで「虹の彼方に」作曲家の不動産に訴えられた

2019年5月21日火曜日4:52 am PDT by Tim Hardwick

アップルや他のテクノロジー企業は、作曲家のハロルド・アーレンが彼の曲の無許可のコピーを提供したとして、著作権侵害で訴えられていると報告している。 BBC 。アーレンの息子であるサム・アーレンは、アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのサービスで父親の曲の無許可のコピーを6,000以上見つけたと言います。

ハロルド・アーレン
ロサンゼルスで提出され、共有されている法律文書によると AppleInsider 、ストリーミングサービスやiTunesのようなダウンロードストアは、Arlenの曲の「ブートレッグ」コピーで溢れ、彼の使用料の財産を奪っています。アーレンの作品には、虹の彼方にやゲットハッピーのようないくつかのアメリカの歌集の古典が含まれています。

148ページのファイリングは、企業が「大規模な著作権侵害活動」に従事していると主張しており、著作権侵害の疑いのいくつかの例を示しています。たとえば、エセル・エニスのバージョンのアーレンの曲「For Every Man、There Is A Woman」の公式レコーディングは、iTunesのRCAビクターレーベルで1.29ドルで入手できます。ただし、Stardust Recordsレーベルの別のバージョン(カバーアートは同じですが、RCA Victorロゴが編集されています)は0.89ドルで入手できます。

海賊版の一部には、オリジナルのマスターテープではなく、レコードから複製されたものであることを示す、ビニールの「スキップ、ポップ、パチパチ」という署名が含まれていると言われています。

アーレンの不動産はまた、数十のレコードレーベルを訴えている。これは、「著作権侵害の知識があるにもかかわらず、海賊容疑者と数年間協力し続けている」と主張している。

「CDやレコードでいっぱいの腕を持って、通りを離れてタワーレコードに足を踏み入れ、フランクシナトラ、ルイアームストロング、エラフィッツジェラルドのレコードレーベルであると主張する人が、その店を持つことに成功する可能性があるとは想像しがたいです。伝説的なレコードレーベル、キャピトル、RCA、コロンビアからリリースされた同じアルバムのすぐ隣に、低価格でコピーを販売する」とアーレンの弁護士は述べた。

「しかし、この正確な慣行は、デジタル音楽ストアとサービスが、合法かどうかにかかわらず、あらゆるソースからポピュラーで象徴的な録音を探す完全な意欲があるデジタル音楽ビジネスで毎日発生します。続行します。」

による BBC 、論争の一部は、米国とヨーロッパの間の著作権法の違いから生じています。米国では、1923年以降1972年以前に作成された録音物の著作権は通常95年です。しかし、英国とヨーロッパでは、著作権は70年後に失効し、その後、録音物はパブリックドメインになります。

それにもかかわらず、アーレンの法廷文書の録音名のいくつかは、ヨーロッパではまだ著作権によって保護されており、実際の作曲はパブリックドメインではありません(作家の著作権は死後70年間続きます)。

不動産は、「It's Only A Paper Moon」や「StormyWeather」のような曲は「国宝」である「記念碑的な芸術作品」であり、約450万ドルの損害賠償を求めていると主張しています。法廷文書に名前が挙げられているAppleや他の企業はまだコメントしていない。

タグ:iTunes、 AppleMusicガイド 関連フォーラム: Macアプリ